中国茶でダイエットという話しは良く出ますが、その中でも絶大な効果を誇る普[シ耳]茶(プーアール・ポーレー)。緑茶に菌を付けて寝かせてある特殊なお茶なので、脂肪分解酵素やら腸の働きを活発化させるなどの効果があり、ダイエットティーとしても知られています。
今回は、そんな普[シ耳]茶の魅力と効果を取り上げて見ます。

普[シ耳]茶とは?

雲南省を中心に生産される黒茶の代表的なお茶で、釜で炒った緑茶に湿り気を与え、放置したものですが、近年では、これに黒麹菌(くろこうじきん)を付け数年(大抵は3年)発酵させたものを指すことが多いです。

詳しくは、別途ガイド記事にてご紹介しますが、ちまたで「プーアル茶(北京語)」「ポーレイ茶(広東語)」として知られているお茶です。寝かせれば寝かせるほど、良いお茶になり、中には50年もの、いや80年ものなどというものも存在し、香港や台湾ではとても高価なお茶としても知られています。

普[シ耳]茶で痩せる?

さて、早速本題のダイエット効果についてですが、始めにお断りしなければならないのが、「ただ普[シ耳]茶だけを飲んで痩せられるか」というと、個人差がありますが、相当ハードに飲まないと(しかも長期間)、効果てきめん!とはいえない点です。

最初から、なーんだといわれそうですが、どんなものでも、楽して痩せようというのは難しいものです。是非、適度な運動と組み合わせていただくことにより、相乗効果があると考えてくださいね。

「じゃあ、普[シ耳]茶は痩せないの?」

いえいえ、効果はあるのです。ただし、ちまたでいわれているように体の脂肪を直接分解するわけではありません。むしろ、食事中に飲むと消化中の食べ物の脂肪の表面を分解することにより、脂肪の吸収を押さえられるという効果と、腸で脂肪や糖の吸収を抑え、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす酵素の活性化を促し体脂肪を燃焼しやすくする働きが確認されているということです。