茶葉の大きさだけでなく、葉の形や厚みも異なります。紅茶にすると風味も異なります。
私たちが毎日楽しんでいる紅茶。紅茶の生産地で栽培されている品種には大きく分けて、中国種とアッサム種があります。このほか、雑種や交配種など産地に適した品種が栽培され、その産地の土壌や気候によって個性的な紅茶が生まれます。良い品種は挿し木によって増やされます。ここで中国種とアッサム種の特徴をまとめてみましょう。

【中国種】            
葉の大きさ(成熟葉)  小さい (9×3cm以下)
葉の特徴 ・厚みがある         
     ・葉先に丸みがある。    
     ・葉肉は薄くて硬め。 
木    ・2~3m 
     ・樹の下の方から枝分かれしている。
育成条件 ・比較的寒さや干ばつに強い。 
     ・寒冷地や湿度のある暑いところでも生育可能。      
タンニン含有量  少ない
           

【アッサム種】
葉の大きさ(成熟葉)  中国種の約2倍程度(12×4cm以上)
葉の特徴 ・中国種より薄い。
     ・葉先が尖っている。
     ・葉肉は柔らかいが厚め。
木    ・10m以上になるものもある。
     ・幹があり、枝分かれが少ない。
育成条件 ・湿度のある暑いところを好む。
     ・寒冷地や乾燥したことろでは生育が難しい。
タンニン含有量  多い


■協力: 野菜茶業研究所 佐波 哲次氏
■関連リンク: アッサム茶誕生のはなし
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。