おいしいロイヤルアイスミルクティーの作り方

濃い紅茶とミルクたっぷり、ほんのりと甘みを付けた仕上がり

濃い紅茶とミルクたっぷり、ほんのりと甘みを付けた仕上がり

約4杯分(グラスのサイズによって異なります)

加糖練乳も使用。ほんのりと甘さを加え、紅茶とミルクの味のバランスを調整

加糖練乳も使用。ほんのりと甘さを加え、紅茶とミルクの味のバランスを調整

【材料】
紅茶葉 25g(アッサム、ディンブラ、ウバ、セイロンブレンドなど細かい茶葉がおすすめ)
水 250ml
牛乳 600ml
コンデンスミルク(加糖練乳) 60ml 
氷 適量

【道具】
ふた付き片手鍋
茶こし大きめ
スプーン、タイマー、ピッチャーなど

 

【作り方】
細かい茶葉を使う方が紅茶の味が良く引き出せます

細かい茶葉を使う方が紅茶の味が良く引き出せます

1.片手鍋に水と茶葉を入れて火(弱めの中火)にかけます。







 
牛乳を加えたら沸騰させないように気を付けましょう

牛乳を加えたら沸騰させないように気を付けましょう

2.沸騰し始めたら、軽く煮立たせ、牛乳を注ぎます(火力はそのまま)。ヘラなどで鍋をゆっくり数回かきまぜます。鍋内部の端からふつふつしはじめ、湯気が上がってきたら(沸騰させない)、火を消しふたをし、約15分間蒸らします(10分間でもOK)。

3.紅茶を移すための大きいピッチャーを用意し、コンデンスミルクを入れておきます。

 

茶葉は水分を含んでかさが増します。できるだけ大き目のティーストレーナーを使うと便利です

茶葉は水分を含んでかさが増します。できるだけ大き目のティーストレーナーを使うと便利です

4.15分蒸らした紅茶を茶こしでこしながら、ピッチャーに注ぎます。スプーンなどで混ぜて、コンデンスミルクを溶かします。

5.グラスに氷をたっぷり入れ、4を注ぎます。

 
使用する茶葉の特徴により、マイルドな出来上がりになったり、紅茶の味がしっかり濃く出たりします。ミルクをたっぷり使用したマイルド感と、紅茶のボディ感を持たせているところに、少し甘さを加えることで全体のバランスが取れます。

そのため、ほんのりと甘さを付けたレシピとなっていますが、お好みに合わせて、コンデンスミルクの量を調整してもらえたらよいと思います。

さらにアレンジを加えても

生クリームにチャイ用スパイスを振りかけたもの

生クリームにチャイ用スパイスを振りかけたもの

また、出来たアイスロイヤルミルクティーの上に、ホイップしたクリームをのせ、シナモンやココア、あるいはチャイ用のスパイスなど、好きなパウダーを振りかけたり、チョコレートソースを加えたり、アイスクリームものせてみたり。お好みでアレンジするのも楽しいですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。