静かなクリスマス、賑やかなクリスマス、今年はどのように特別の時間を過ごしますか?
クリスマスには普段飲みなれた紅茶ではなく、ブレンドの優れた一品を選びたいですね。華やいだ花々の香りとオレンジがきいた紅茶を準備してみてはいかがでしょう。


北欧紅茶のかんだデザート

扱う紅茶は5種類のみ。どれも自信のブレンド。
JR神田駅東口からほど近いところ、それも高架下の狭小スペースに4席のカウンター席で営まれるのは、北欧紅茶を扱うかんだデザート。世界のトップブレンダーであるバーノン・モーリス氏が1978年に設立したThe Tea Centre of Stockholmの紅茶を北欧紅茶という商標名で販売しています。

茶園名をつけて他との差別化をはかる紅茶の売り方とは正反対に、ブレンドによる紅茶のおいしさが自慢。モーリス氏はブレンダーたちを育てている立場でもあり、彼のブレンドを手本にしているブレンダーは多いそうです。

一番人気のセーデルブレンドをクリスマス用に

北欧紅茶で扱われる5種類の紅茶の中からクリスマスのために選びたいのは、一番人気の商品セーデルブレンド。セイロン茶をベースにバラの花、マリーゴールドの花、ヤグルマギクの花、オレンジピールが入ったブレンド茶です。

セーデルブレンド 30g 682円。
100g 1995円。
使用している花はバラ、マリーゴールド、ヤグルマギクなど
有名なティーブレンダーであるモーリス氏のちょっとしたミスから出来たこのブレンドは当初、「ミステイクブレンド(間違いブレンド)」として1979年に販売され、後にセーデルブレンドという商品名に変更されました。

特にクリスマスに限って販売されているわけではありませんが、脂っこい料理の後のアフターディナーティーとしても、クリスマスケーキと一緒に飲んでも、紅茶自体に存在感があるため特別な時間に登場させたい。一流のブレンダーの手によって完成させられた茶葉と花びらの融合美を堪能できるでしょう。ぜひ、ストレートで味わっていただきたいですが、ミルクを入れてもおいしいそうです。

ジャムを加えてOne More Flavour


紅茶から漂う花の香りを楽しむもうひとつの方法もあります。セーデルブレンドをローズ・ペタルジャム(写真左)とローズヒップジャム(写真右)と一緒にいただきます。

ジャムは紅茶に混ぜない。せっかくの紅茶もジャムも、ともに駄目になってしまいますから。ジャムを先に口に含んでおいて紅茶を入れると、口の中で混ざり合ってブレンドティーにもうひとつフレーバーが加わったようになります。この場合、ジャムは緩めのゼリーのようなもので、紅茶のとてもよいつけ合わせ。ローズ・ペタルはブルガリアのダマスクローズの香りと花びらの食感を、ローズヒップは紅茶をまろやかにさせる甘酸っぱさを実感できます。

花が混ざったブレンドに少し抵抗感があるようでしたら、かんだデザートで試してみることもできます。紅茶はティーポットで出され、ティーカップ2杯分飲むことができます。315円ですからとってもお得ですよ。ミルクが必要なら、頼めば無料でつけてもらえます。ジャムと一緒に味わうジャムティーは420円。「歯がたたない」ジンジャークッキーは、堅焼きせんべいより堅いと人気で紅茶と一緒に買っていかれる人もいる。

セーデルブレンドは30グラム入り682円、100グラム入り1995円、缶入りだとさらに値が張るのですが、この紅茶、実は二煎目も楽しめるそうなのです。試しにお湯を足していただいてテイスティングしました。さすがに紅茶成分はすべて一煎目で出尽くされているようですが、二煎目はハーブティーのように、花やフルーツが勝ったお茶として楽しむこともできます。

カウンター席では、お店に来たお客様同士が仲良くなって、会話が弾む効果もあるようです。
狭い店内はあっという間にお客様で一杯になることもあります。たった4席ですからね。平日なら午後2時から5時頃に出かけてみるのがオススメです。土曜日も午後は、ゆっくりお茶を飲みながら、気さくなオーナー店長の森下さんと紅茶の話を楽しむこともできますよ。

北欧紅茶 かんだデザート

 東京都千代田区鍛冶町2-11-20
 JR神田駅東口から徒歩3分
 Tel:03-5295-3733
 Open: 月-金11:00~20:00
  土 13:00~20:00
    日・祝日定休。
    オンラインショッピングも可能です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。