世界で唯一のセレクション・ボックス

写真をクリックすると次のページに進みます
セレクション オペラ  5250円(税込)

ベルグ
 
世界でも日本のサロン・デュ・ショコラでしか手に入らない、毎年大変人気のセレクション・ボックス。

今年は“セレクション オペラ”が登場。6人のショコラティエがオペラの魅力を表現したショコラを2粒ずつ、新作、またはスペシャリテを詰めた“味の総合芸術”といえるセレクション ボックスです。

* 中央上の、目隠しをした男性のショコラから時計回りにご紹介します。
1.Jacques Genin ジャック ジュナン/パリ・マレ
モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」がお気に入りのジュナン氏は、友人の画家とコラボして、ジョヴァンニの絵をプリントしたショコラが誕生。スペシャリテはアーモンドのプラリネです。
*ショコラティエの詳細はこちら>>

2 Jean -Charles Rochoux ジャン=シャルル・ロシュー/パリ・サンジェルマン
オペラのオマージュをショコラで表現したロシュー氏。 今回のために作ったというローズ風味とローズペタル(花びら)のショコラは、華やかなオペラをイメージされました。 新作はロシュー氏が夏のヴァカンスに訪れたロレーヌ地方のミラベルを使用。

3 Marc Debailleul マルク・ドゥバイヨル/ベルギー・ブリュッセル
甘く優しいミルクチョコのクーベルチュールで上質なモカクリームを包み、力強さと繊細なハーモニーを表現。

4 Pascal le Gac パスカル・ル・ガック/パリ・サンジェルマンアンレー
「オペラといえば、イタリア人のプッチーニ」と語るガック氏は、オレンジやレモンの柑橘類やジャンドゥジャでプッチーニの代表作を表現。スペシャリテは氏の得意とするガナッシュ・ナチュールにカカオの実の断面のプリントをほどこしてあります。

5 Christine Ferber クリスティーヌ フェルベール/アルザス・ニーデルモルシュヴィル
モーツァルトの魔笛の登場人物である「夜の女王」をイメージしたボンボンショコラは、フランボワーズローズのコンフィチュールを使ったキャラメルガナッシュ。 新作のショコラはカルダモンの風味を使用したエキゾチックな味わいです。

6 Jean-Paul Hévin ジャン=ポール・エヴァン/パリ
ヴェルディ「アイーダ」をエヴァン氏はヴァニラのガナッシュとショコラノワールの組み合わせで表現。 スペシャリテはオペラ界に君臨した歌手のマリア・カラスをイメージし、イチジクのガナッシュとエストラゴンのパートダマンドを合わせたショコラノワールです。

またボックスの蓋の絵はサロン・デュ・ショコラの主催者で建築家でもあるフランソワ・ジャンテ氏によるもの。パッケージの華やかで可愛らしさが残るデザインも魅力です。 次のページでは、今年注目のショコラティエをご紹介します。