アトリエ・ド・ラベイユでパンとはちみつの愉しみ

最近、わたしがラベイユで聞いて実際に試し、感動したパンとはちみつのマリアージュは、「森のはちみつ」とクロワッサンです。

「森のはちみつ」は栗、ユーカリ、樫の木などの花蜜と樹液から採れたはちみつで、黒蜜のように色が濃いのが特徴です。 これがクロワッサンのバターの香ばしさとことのほかよく合うのです。

「森のはちみつ」とクロワッサン

ラベイユに新設されたアトリエでは、このようなはちみつとパンのおいしい組合せについてのヒントを学べるセミナーや、はちみつを使った料理教室が開催されています。

専任講師のナガタ ユイさんは料理やチーズ、そしてパンにも造詣が深いので、単なる知識だけでなく、そのさまざまな楽しみかたも一緒に学ぶことができます。

ナガタ ユイさんアトリエ・ド・ラベイユ
10数種類のはちみつを少しずつテイスティング