はちみつ専門店ラベイユの新装オープン

パンと相性がよく、昔から親友関係にあるともいえるはちみつ。そのはちみつに、こんなにたくさんの種類があることを知ったのは「はちみつ専門店ラベイユ」でだった、という人は少なくないでしょう。

荻窪教会通りに8年前にオープンした「はちみつ専門店ラベイユ」は、今年2010年4月、同じ通りの駅寄りに移転、「メール・ド・ラベイユ」として新装オープンしました。メールとはフランス語で「お母さん」「発祥の地」といった意味があるそうです。

店の前には蜜源植物南仏の別荘をイメージした建物
さまざまなはちみつと関連商品が並ぶ

ラベイユは現在、全国に9店舗を構えていますが、路面店は荻窪本店のみ。店内には草花、樹木、ハーブ、ナッツ、フルーツや野菜、甘露蜜など、いろいろな色と香り、味わいの楽しめるはちみつが揃っています。

はちみつはすべて小さな紙スプーンで試食できます。 種類がたくさんあるので迷った時には、はちみつのソムリエともいえるスタッフに用途や好みを伝えれば、丁寧に教えてもらえます。

はちみつの量り売り

瓶を持っていくと、量り売りのお得なはちみつを 買うことができる

ラベイユならではの楽しみは、はちみつの量り売りです。メール・ド・ラベイユではレジカウンターの後ろに、タンクが12種類ほど並んでいます。 種類は限られますが、自分で瓶を持っていけば、かなりお得に買うことができます。たとえばアカシアのはちみつは一瓶125g882円のところ、同量で500円程度で買えます。わたしも試してみたのですが、密封できる瓶ならラベイユのものでなくても大丈夫。はちみつの名前のラベルを貼ってくれました。

量り売りのはちみつは、荻窪本店が一番種類があります。各店舗の量り売りのはちみつの種類と価格は、ラベイユのホームページの店舗一覧から確認できます。

パンのある食卓を豊かにするはちみつ

最近では、はちみつ以外にも、はちみつを使ったコンフィチュール、果物を漬け込んだはちみつマリナードなど、パンの友となるはちみつ関連商品も豊富なので、パンを食べる時の楽しみも広がります。

季節のコンフィチュール巣のかたちのままのコムハニー
透明でサラサラしたもの、マットな質感でクリーム状のもの、結晶が多めでジャリジャリしたもの、水分が少なく濃厚なものなど、蜜源や地域によりさまざまに異なるはちみつ

はちみつとパンのコーディネートについては、今までも何度か記事にしていますが、基本的な合わせかたの目安はその色です。 透明や白、色の薄いはちみつは白いパンに、ブラウンや黒蜜のような濃い色合いのものは黒いパンに……といった具合に。

でもそれは肉料理に赤ワイン、魚料理に白ワインというのと同じこと。この先、まだまだ奥が深そうなのです。



■メール・ド・ラベイユ(はちみつ専門店ラベイユ荻窪本店)

所在地:杉並区天沼3-27-9

電話:03-3398-1778

営業時間:10:00~19:00 無休

JR荻窪駅徒歩3分
地図:Yahoo!地図情報

【公式サイト】
はちみつ専門店ラベイユ

【関連記事】
アトリエ・ド・ラベイユ(荻窪)(2010)

ラベイユの先代、養蜂家 田頭謹吾さん
Bee Charmer、蜂を魅了する人(2010 Bread Journal)

パンとはちみつの愉しみ(2007)
フランスパン友の会 パンのある食卓(2006)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。