バタールを使った料理コンテスト

2010年4月23日、日本パンコーディネーター協会は「第一回アイデア*パン料理コンテスト」を開催しました。パンコーディネーター資格保持者から応募のあった72作品のうち、実技審査に臨んだ6名の作品をご紹介します。

作品の規定は、全国展開しているパン屋さん「ドンク」のバタールを用いたパン料理(パンと料理が接着している料理)。店で購入したバタールをどのように美味しく提供するかがポイントとなりました。

審査員(敬称略)は稲垣智子(日本パンコーディネーター協会)、豊田実(日清製粉株式会社)、藤吉久美子(女優)、野澤孝彦(コンディトライノイエス)、奥野昭一(オリエンタル酵母工業株式会社)、川口淳太郎(株式会社ブルーブ)、清水美穂子(ブレッドジャーナリスト)。

審査では、バタールならではの特長を活かし、素材とのペアリングを考え、余すところなく使いきった作品がより高い評価を得て、グランプリ、準グランプリが決定しました。

グランプリ作品「かりひやもっちりタワー」

愛知県の伊藤真由美さんの「かりひやもっちりタワー」がグランプリを受賞しました。

かりひやもっちりタワー
(写真提供:日本パンコーディネーター協会)

温かいパンペルデュ(フレンチトースト)の上に、クッキーとアーモンド、マスカルポーネを入れたバニラアイス、仕上げにガリガリのコーヒーラスク。

一見シンプルな料理ですが、温冷、硬軟、甘苦、といった食感と味わいのコントラストが面白く、立体感のある組み立てが楽しいアイデア作品でした。 さまざまなカットを施したバタールを余すところなく使ったところも優れていました。伊藤さんはパンコーディネーターエキスパート。愛知県東海市でパン教室を主宰されています。

バタールでなければならない作品、というところが高ポイント

準グランプリ「春のバタール茶懐石」

準グランプリは茨城県の宮内りりさんの「春のバタール茶懐石」。

春のバタール茶懐石
(写真提供:日本パンコーディネーター協会)

審査員席に、お品書きが配られました。

汁 葱と椎茸のスープ
向付 海鮮と果物のお造り風 バルサミコオイル
煮物 野菜とチーズのテリーヌ 栗のはちみつがけ
焼物 鮪のソテーと蓮根サラダ
預け鉢 牛肉のグリル 赤ワインソース
吸物 魚介スープ
八寸 牡蠣燻製の香草バター ウサギのテリーヌと杏
香の物 葱のマリネ トマトのマリネ
菓子 桜アイスと苺のジェラート 黒胡麻餡最中風

ファイナリスト6名の中で最も手間がかかるチャレンジングな作品でした。1本のバタールをコース仕立てにする斬新さ、パンコーディネーターならではの、素材のペアリングが評価されていました。

左から準グランプリの宮内さん、グランプリの伊藤さん

その他の4作品

受賞はなかったものの、最終審査まで残った4作品を順不同でご紹介します。

■カラダヨロコブ春の彩りヘルシープレート 濱薗市子さん(大阪府)

カラダヨロコブ春の彩りヘルシープレート
動きが美しい濱薗さんは大阪のパン屋さん、Le Pain de douxにお勤めです。

赤はミネストローネの具、緑は菜の花、こごみ、アスパラ、芽キャベツ、スナップえんどう、黄は豆乳ベシャメルソースとカボチャ、ズッキーニにミニトマト。目にもおいしいタルティーヌにはヘルシーな野菜料理が生きていました。カフェメニューにそのままつかえそうな逸品でした。

■♪ハニートーストだワン♪ 足立美奈子さん(神奈川県)

♪ハニートーストだワン♪
犬のモデルは家族の愛犬。愛嬌のある顔に思わず笑ってしまいます。

庭のローズマリーで香りづけしたハチミツバターが絡まったバタールはすばらしい香りでわたしたちを魅了しました。お子さんのために、よく作られているという愛情のこもったハニートーストです。

■たこ焼き風パンキッシュ 高林秀美さん(神奈川県)

たこ焼き風パンキッシュ

たこ焼き器で作る家族団欒メニュー。バタールたこ焼きの中にはベーコン&チーズやオリーブ&アンチョビが入っています。フィリング(中身)のアイデアは無限大なのです。

■pain perdu japon(パンペルデュジャポン) 佐藤正行さん(岩手県)

pain perdu japon(パンペルデュジャポン)

お年寄りや幼児にもやさしい、消化の良い茶碗蒸しはエビや白子などの豪華な素材と、そしてもちろんバタール入り。滑らかな食感、三つ葉やショウガで香りも良くまとまっていました。

バタール1本から

バタール1本から、こんなにいろいろの料理が作られて、それが家族をはじめ、自分の大切な人たちを楽しませるためのものであることがストレートに伝わってきて、とても温かいコンテストとなりました。

パンコーディネーターにはお母さんも、パン屋さんにお勤めの方も、お教室の先生も、いろいろな立場の方がおられるわけですが、それぞれが一つのバタールに自分ならではの想いをのせて、食卓のシーンを与え、コーディネートしていったのです。これからの時代の食事パンに、素敵な可能性を感じました。

(敬称略)手前左から足立美奈子、濱薗市子、宮内りり、伊藤真由美、佐藤正行、高林秀美。奥左から審査員、野澤孝彦、川口淳太郎、藤吉久美子、稲垣智子、豊田実、奥野昭一、清水美穂子 (写真提供:日本パンコーディネーター協会)


【関連記事】
パンのコーディネーターになろう
古代小麦スペルトの知識を深める
コンクールや講習会のレポート

【関連サイト】
日本パンコーディネーター協会
同協会フォトギャラリー