2位 ZOPF (パン焼き小屋 ツオップ)

菓子パンから本格バゲットまで数百種類のパンの中には、大昔の祭事のパンの再現あり、希少な小麦を挽いた滋味深いパンもあり。さらにイベントでは生地を棒に巻きつけて子供たちを喜ばせたりもする、極上の笑顔のパン屋さん。松戸にあります。

写真提供:ZOPF 子供パン教室
ソフトな食感の直焼きパン「ゲズンド」
夏頃、店のまわりに実る葡萄
「バラエティ豊かなパンがそろっていること。 また、たくさんのパンがあるけれど、 どれも一つ一つ丁寧に作られているので シンプルな味のパンを食べても味に深みが感じられるから大好きです!! あと、店長とリエさん、スタッフの方の 笑顔も大好きです」(東京都20代女性)

「有名になってもスタンスを変えないところ。皆さんが楽しくパンを作っている姿がパンから伝わってくる。ヴィエノワズリーからハード系まで手抜きがない」(東京都30代女性)

「初めてお店とカフェに伺いました。店員さんたちの雰囲気が良くて、楽しいひとときになりました」(東京都30代女性)

「菓子パン、惣菜パンからハード系、ライ麦パンまで選べないくらいの種類が魅力。何を食べてもおいしい」(千葉県20代男性)

「毎年どんなパン屋さんがオープンしても、私にとって一番であり、たった一つのお店なのは、やっぱりZOPFです。 最近はサンドイッチがお気に入りで、中でもZOPFのタマゴサンドは、今まで食べたどのタマゴサンドより美味しいと思っています。 タマゴフィリングの食感が、ものすごくなめらかなのです! 早朝しか置いていないので、いつも週末に早起きして通ってしまいます」(千葉県30代女性)

「アクセスしにくいのが難点だけど、毎回その美味しさに惚れ惚れします」(東京都30代女性)

「久しぶりで沢山のパンを買ってしまったとき、お店の方が駐車場まで運んで下さいました!! 車の中はパンのいい匂いで一杯、心の中はほわっと暖かい気分で一杯、凄く嬉しかったです。だから遠くても、ずっと並ぷのがわかっていても、行きたくなってしまいます」(千葉県40代女性)

オーナーシェフの伊原靖友さんから、メッセージをいただきました。

「すごく嬉しいですね~。ありがたいっと(夫人のリエさんと)二人で顔を見合わせて言いました。 2009年は巻きパン作りのイベントを3回したのが大好評で盛り上がったんですね。その時に、やっぱりZOPFってこうだよな~っと思いました。お客様と一緒に笑い、楽しむのが私たちらしさだと強く再認識したんです! 2010年はもっともっと、今まで以上にパンの楽しさが感じられるZOPFに力を注ぎたいと思っています」

【関連記事】
ツオップの食事パンバラエティ(印象に残ったパン)(2009.9記事)
ZOPFに学ぶパン作り(2006.9記事)
パン焼き小屋ツオップのカフェRuheplatz ZOPF(ルーエプラッツツオップ)OPEN (2004.1記事)
極上の笑顔と幸せな仕事 パン焼き小屋 ツオップ (2002.2記事)
パン焼き小屋ツオップ公式サイト

次のページはいよいよ第1位です。