2009年7月~9月、ガイドが取材先などで出合い、とくに印象に残ったおいしいパンをご紹介します。

ベッカーズディライトの美しいパン

RUBIS

フランス語でルビーを意味するRUBIS(280円)はベッカーズディライトに一日おきに登場するライ麦30%のパン。素朴な表情のパンをカットして、あざやかなクランベリーとピスタチオの色彩がこぼれる瞬間は、ちょっと感動的です。これに、気にいったチーズのひとかけでもあわせられたら、うれしい。

ベッカーズディライトは9月16日~22日、新宿タカシマヤのドイツフードフェアに出店しています。RUBISのようにクランベリーとピスタチオを使い、赤ワイン生地で仕込んだ秋バージョンのシュトレンも販売中です。

【関連記事】
ベッカーズディライト(2007)

アンジェリックべべの伝統の味と新しい味

フランスパン
キャラメルポワール

バゲットではなくあえてフランスパンという、アンジェリックベベのフランスパン(大380円小185円)はわたしの求めるパンの味です。ドレスアップもダウンもでき、何とでもあわせられる、 白いTシャツのようなパン。でも、シンプルな服にもデザインのどこかに流行が見えるように、このパンも常に同じではなく進化し続けているのです。常温で8時間、冷蔵で14時間発酵させるあいだに、生地はゆっくりと旨味を蓄えます。

キャラメルポワール(230円)は洋菓子のように組み立てられたパン。 クロワッサン生地の中にはキャラメルクリーム、洋梨のコンポート、カスタードと生クリーム入が入っています。パリパリと割れる表面のカラメルは甘くほろ苦く香ばしく、その手のかかった贅沢さを思うと、230円は安すぎるかもしれません。

【関連記事】

ベベのフランスパン(BREAD JOURNAL)

ブーランジェリ アンジェリックべべ(2003)

ツオップの食事パンバラエティ

ゲズンド

直焼きの食事パンというと、ハード系一辺倒な感があるから 柔らかいパンをつくりたかった、ということで今年の春生まれた新作、 ゲズンド(1.8円/g)はドイツ語で健康の意。 焙煎小麦や雑穀を使用した生地を長時間発酵させていて、ほの甘く、しっとりと柔らかく、サンドイッチに良い食事パンです。

クランベリーとカランツの入ったそば粉10%のそば粉のパン(大300円、小150円)は 目が詰まっているので薄くスライスします。新鮮なバターをのせて食べると、果実味とあいまってすこぶるおいしくなるパンです。ツオップのりえさんのおすすめは、ゆで豚とリンゴのバターソテーのサンドイッチ。ぜひ試してみたい取り合わせです。

そば粉のパン

*このパンの取材の後、ツオップの伊原さんにクローズアップしたドキュメンタリーTV番組が放送されたため、この人気店の人気はさらに上昇。9月半ばを過ぎた現在も連日の大行列に特に駐車場が足りなくなり、数名の警備員を増員する事態に。ここしばらくツオップに行こうという方は自家用車は避けましょう。そして待つ覚悟が必要のようです。

【関連記事・サイト】

ツオップの今までの記事(ベストパン★2008)

パン焼き小屋ツオップ公式サイト