パン教室の先生がベーグルショップOPEN

高橋雅子さん。パン屋さんみたいに働き者。魅力溢れる人です。
パン教室「わいんのある12ヶ月」を主宰、最近では 『ゆっくり発酵ベーグル』などのレシピ本で、パン作りをする人たちに人気のある高橋雅子さんが、代々木公園の近くにイートスペースを併設したベーグルショップ「テコナベーグルワークス」をオープンしました。

テコナとは高橋さんが住む葛飾に伝わるお姫さま「手古奈」を「手粉」にかけて命名。

店を始めたことで教室の時間が減っているかと思いきや、むしろ増えているのだそう。始発に飛び乗り、朝5時半から仕込みをして店のスタッフに引き継ぎ、11時からの教室に向かう毎日。そんな彼女の新しい活動の空間について、速報でお伝えします。

テイクアウトのベーグルセット

お店で販売されるベーグルは「もちもち」「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」3タイプ。 『ゆっくり発酵ベーグル』でも紹介されていましたが、レシピはちょっと違うそうです。例えば酵母。テコナベーグルワークスの「もちもち」は自家製レーズン酵母、「むぎゅむぎゅ」はホシノ天然酵母、「ふかふか」はイーストで発酵させています。

3月15日まではこの「もちもち」「むぎゅむぎゅ」「ふかふか」3タイプのベーグルとマクロビオティックの要素を取り入れたパウンドケーキとビスコッティが1000円で、1日60セット(一人1セット限定)販売されます。

もちもち(プレーン)
むぎゅむぎゅ(黒ねりごまと白ごま)
ふかふか(桜クリームチーズ。3月からは紅茶オレンジピール)
バナナパウンドビスコッティ


3タイプどれも食べ応えがあり、堂々とベーグルらしい食感のベーグルでした。加えてある素材(ごまやチーズなど)や、合わせる食材によって、食べわけたい気がします。すべて植物性の材料で作ったバナナパウンドには、ストイックな感じはなく、しっとりと上質な味わい。ベーグル、お菓子ともに今後のバリエーションにも期待が持てます。