全粒粉のパン

全粒粉とは、小麦粉の表皮、胚芽の部分も一緒に挽いた粉のこと。普通の小麦粉よりビタミンやミネラル、繊維質が含まれます。でもなんとなくモロモロした食感。香りもわかりにくい。

「全粒粉のパンはぜひトーストして食べていただきたいです。焼くことで香ばしさが倍増、焼く前と全然違ってきます」栗本さんは言います。「全粒粉のハチミツブロート」は、ちょっと厚め(1.7cm)にスライスして、トーストしたら何もつけずに食べるのがおすすめだとか。ハチミツとマーガリンが練りこんであるので、焼けばそのままでOKなのだそう。確かに焼くと軽い食感になり、香りたちます。このパンは、ハムやリエットなどとも合いそうです。

全粒粉のハチミツブロート(全粒粉100%のパン)370円
全粒粉のハチミツブロート雑穀ブロート 330円
全粒粉のライ麦、亜麻の実、かぼちゃの種、白ゴマを練りこみ、 表面にひまわりの種を付けて焼いた雑穀ブロートは重厚感があります。こちらもハムや濃厚なチーズなどをのせたくなる味わいです。

全粒粉専門のパン屋さんでも修業をした経験を持つ栗本さん。「全粒粉専門店はドイツでも異色。僕がいた町でもその店は何か違った光を放っていましたが、どうしても入りたくて戸を叩きました」ちょうど人手が足りなかったことが幸いして、2日間の試験期間を経て修業させてもらえることに。質実剛健なマイスター、でも温かな想い出がいくつもあるようです。ブロート屋に、他のパン屋さんであまり見かけない全粒粉のパンが多いのは、そんな理由にもよるのですね。

トーストブロートとマーガリン

トーストブロート(260円)



トーストブロート(断面)
トーストブロートは、ウェブショップで買えるパンの中でも特にあっさりとした味わい、軽い食感でした。トーストして、朝食にサクサク食べたいパンです。

全粒粉のハチミツブロートもそうでしたが、油脂としてバターでなくマーガリンを使用する理由は何によるものでしょうか。

「これは好みの問題です。バターだと濃く感じるのでマーガリンにしました。低トランス酸のマーガリンを使用しています」ということでした。ただ、油脂を使ったパンはほんの一部。砂糖や卵、乳製品をいっさい使用しない食事向きのパンが多いのが、ブロート屋の特徴です。