ラ・フーガスのパン

前の店にはなかった新作フォカッチャが並ぶ。いい香り。

ラ・フーガスのパンをご紹介しましょう。

まずはショウケースの中に並ぶ季節のデニッシュ。デニッシュ類はこちらの店に移ってからバージョンアップして層が多くなったといいます。

「あんずのデニッシュ」はアーモンドスポンジとカスタードが少しずつ入っていて、上にドライアプリコットの蜂蜜煮が乗っています。 「バイエルン」はハーブソーセージ、ザワークラウト入り。トッピングはスイスのグリエールチーズ。スイーツ系も惣菜系も、サクサクとした食感のデニッシュの層が秀逸です。

あんずのデニッシュ(220円)、りんごカスター(200円)ショコラ(180円)、洋梨のデニッシュ(220円)
ヴィエノワ(180円)くるみボール120円
チョココロネ(140円)バイエルン(300円)写真は半カット


「ヴィエノワ」は砂糖控えめのパンオレ風の生地。さくっと歯切れがいい生地の中に、コクのあるミルククリームがサンドされています。

ジャガイモを練りこんで、しっとりとした食感を愉しませてくれる「くるみパン」はプチサイズ「くるみボール」もおすすめ。プチはきび砂糖がトッピングされています。

久美子さんおすすめの「チョココロネ」はただのチョココロネにあらず。やさしい味わいのコロネに自家製のチョコクリームがつまっています。

最後になってしまいましたが、前のページの写真にあるバゲット、バタール(280円)、中種法で焼かれるパンドミ(280円)は、ごくありふれたパンかもしれませんが、シンプルであるがゆえ高度な職人技が生きています。こんなパンを日常に買うことができたら幸せ、というようなパンです。

ところで、店名でもある木の葉型のパン、「フーガス」が以前はあったのに、こちらにはありません。尋ねると現在考え中のようで……。そう、新しいラ・フーガスのパンはひとつひとつ、よくよく考えた上でつくられているのでした。

ラ・フーガスは再出発したばかり。今後この地で、どんなパンが焼かれていくのか、次回訪れるときの窓の外の景色とともに、とても楽しみです。

■ラ・フーガス


所在地:東京都あきる野市草花3492-183

TEL:042-569-6369

営業時間:8:30~18:00

定休日:火曜

福生駅からバスで西草花下車 3分
地図:Yahoo!地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。