四季をテーマにベーカリーの窓を飾る

MOBAC SHOW(国際製パン製菓関連産業展)で2月21日、フランスパン友の会主催、ウィンドウディスプレイコンテストが開催されました。

ウィンドウディスプレイは、パン屋さんのウィンドウの飾りです。パン生地でつくるいわゆる「飾りパン」だけではありませんから、パン職人でない営業や企画、販促などに携わる人でも参加できます。

大きさが横70cm、奥行き50cm、高さ85cmに収まることが条件で、店の前を通りかかった人の心をつかむようなデコレーションのセンスが求められます。

わたしは審査員として出席しました。
テーマは「四季」。最終審査に臨んだ7作品をご紹介します。

優秀賞

まずは優秀賞をご紹介します。

「パンの収穫祭」「春のテーブル」

「パンの収穫祭」はイグレグプリュスの矢野由香さんの作品。
「パンと秋の味覚をあわせることを想像してもらえるように考えた」ディスプレイ。羊がミニチュアのパンとともにくるくると回るのがユニークでした。矢野さんは前回のモバックではサンドイッチのコンテストで、 グランプリを受賞しています。

「春のテーブル」はドンクの大西葉子さんの作品。
初春を思わせる淡いグリーンの色調。ナチュラルでやさしい雰囲気のあるディスプレイでした。

参加賞

和と仏蘭西 同じ桜の木の下6月のアペリティフ
虹の国のパン屋パンの中の小さな秋

「和と仏蘭西 同じ桜の木の下」はドンクの阿部あゆみさんの作品。
生け花風の演出、風呂敷や水引などで和の華やかさを出しています。

「6月のアペリティフ」は横浜ポンパドウルの新井徹さんの作品。
パンを切っておつまみに、という提案の気持ちを込めて、まるで試食のようにオリーブオイルとバルサミコを添えています。

「虹の国のパン屋」はドンクの青砥美香さんの作品。
プラスチックのボールはスプレーでカラフルに塗装されています。

「パンの中の小さな秋」はシェラトングランデトウーキョーベイホテルの西野大輔さんの作品。
パン生地で木や花をつくっています。

次のページでは 最優秀賞と審査の様子をお伝えします。