PAINDUCEの魅惑的なパンたち


究極にシンプルでお洒落なサンドウィッチはスタッフにも人気


バターサンドの隣にあった洋菓子のようなパン

ありそうでなかなかないのが、バターだけをサンドしたパン。バターとパンが共に引き立て合う抜群の美味しさでした。バゲットリュスティックもそう。プレーンな食事パンに、しっかりと小麦の味わいがあるのを感じました。

スイート系も魅力的なものが揃っています。迷ったら、米山さんご自身が好きなクレームダマンドを使ったものがおすすめです。

PAINDUCEのパンには面白いネーミングのものがあります。例えばドライフルーツがたくさんのったブリオッシュは「MORITAKUN」。ドライフルーツといえば、ベストパンのパーティで美味しいドライフルーツをご提供いただいたあの森田さんのことに違いありません!

有機無農薬のブルーベリーなど自家製酵母のパンにヘーゼルナッツ
国産小麦100%の山食発酵バターのクロワッサン
バゲットは6種類(ほほえましい)MORITAKUN

料理人の素質、西川さんのもとで培った「素材を大事にものづくりをする」という姿勢。米山さんは、旬の野菜をもっといろいろな方向から使いたい、もっとハード系の生地も焼きたい、焼き菓子やタルトやキッシュ、焼きこみ系のパンももっと充実させたい、とこれから焼きたいパンについて語ってくれました。素材を大切にしながら料理や菓子、さまざまな方向性で広がっていく、とても楽しみなパン屋さんです。


PAINDUCE
http://www.painduce.com/
 


大阪市中央区淡路町4-3-1 FOBOSビル1F

TEL  06-6205-7720

営業時間 8:00~19:00

日曜定休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。