6~7月は新ショウガの季節
蒸し暑くてうんざりするような日もあるけれど、日本の夏にはいいものがあります。 それは新ショウガ。

熱帯夜の翌朝、けだるい気分の時や、冷房の部屋にばかりいて体温の調節機能をおかしくしてしまった時、ショウガは爽やかな刺激で食欲を促してくれますし、たくさん食べれば身体を温め、汗と共に暑さを取り去ってくれます。 そんなショウガを使ったメニュー(もちろん、パンのための)をご紹介します。

ショウガの蜂蜜漬けの作り方

新ショウガの蜂蜜漬
【材料】
新ショウガ ひとかたまり(上記写真くらい)
蜂蜜 約300g

1.新ショウガは色の悪いところを取り除き、薄切りする。

2.水から熱湯で3回茹でこぼし、ざるで水気を切る。

3.粗熱が取れたら蜂蜜に漬けて冷蔵保存する。

翌日から約2週間、味の変化が楽しめる。

ショウガの蜂蜜漬けをパンと合わせる

ショウガが甘く半透明になるに従って、蜂蜜はさらりと薄くショウガの香りになっていきます。
トーストにバターをのせたら、この蜂蜜を垂らします。
漬けて何日か経過したら、甘くなっているショウガも一緒にのせてどうぞ。

ginger honey toast
ameen's ovenのハードトーストで

食パンの他には、バゲット、リュスティック、カンパーニュなどのフランスパン、イチジクのパン、シナモンレーズンベーグル、クロワッサンにも合います。
さらに、ショウガの蜂蜜漬けは以下のような一品にも使えます。


冷やしトマト

きゅうりと枝豆

白桃のコンポート

パンケーキ

◇冷やしトマト

完熟トマトをよく冷やして塩を振ったところにショウガの蜂蜜をひと匙かける。
朝食の一品に、フルーツのような感覚で。

◇きゅうりと枝豆

塩もみしたきゅうりと枝豆に、ショウガの蜂蜜漬けの千切りをのせる。パンと合わせるのに、クリームチーズの角切りを加えるのがポイント。これは胡桃のコンプレ(全粒粉のパン)と好相性。

◇白桃のコンポート

甘味の少ない固い桃を買ってしまったら、皮を剥いて好きな量のグラニュー糖と少なめの水で煮て冷やします。そこにこの蜂蜜をかけると至福のデザートに。

パンケーキ

もちろん、ショウガの蜂蜜はパンケーキのシロップにもなるのです!

次のページでは、普通のショウガを使った生姜糖トースト(ginger sugar toast)とフロマージュ風クリームをご紹介します。



1 / 2 次へ>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。