太陽の恵みをたっぷり含んだ色とりどりの夏野菜をシンプルな味付けで愉しむ一皿を作ります。
ポイントは素材の持ち味と色。お皿をパレットに見立てて、白いパンに濃厚な夏の色を乗せていきます。


*メニュー*

茄子の枝豆ペースト和え
夏野菜の素焼き(かぼちゃと赤ピーマン)
アボカドとチェリートマトのサラダ
食べ頃のブリーチーズとドライフルーツ
・・・そしておいしいバゲットのスライスをお好きなだけ。
(今回はgout de farineのパンを使いました。)


*材料と下準備*


(2人分)
茄子、赤ピーマン 各1個
枝豆 約100g
アボカド 1/2個 
チェリートマト 4~5粒
カボチャ 約100g(櫛型に薄切り) 
パルミジャーノレッジャーノ(粉末)少々
白カビチーズ(ブリーなど。様子を見て室温にしておく。)適量
E.V.オリーブオイル、塩、胡椒、レモン 少々
ドライフルーツ(今回はイチジク) 少々
バゲット 適量


*作り方*


1.
枝豆は柔らかめに茹でて薄皮を取り、すり鉢かフードプロセッサで少しだけ粒を残すようにしてペースト状にする。
塩胡椒とオリーブオイル少々で味を付ける。

2.
魚焼きグリルか焼き網を熱して、丸ごとの茄子と赤ピーマン、そしてオリーブオイルを塗って塩を振ったカボチャを、時々返しながら焼く。

3.
カボチャは火が通ったらパルミジャーノをそっと振りかけて焦げないように焼いて仕上げる。
茄子は皮がこんがり焼けたら氷水にさっとくぐらせて皮を剥き、冷めたら裂いて適当な大きさに切る。
赤ピーマンは焦げ目がつくくらいまで焼いて薄皮を剥き、縦に裂いてオリーブオイルと塩をかけておく。

4.
茄子を1と和える。アボカドは適当な大きさに切ってレモンと塩胡椒を振り、トマトと和える。

5.
スライスしたバゲット、チーズやドライフルーツと共に一皿に彩りよく盛り付ける。 バゲットは1センチの厚さに切って、料理を乗せながら食べても良いでしょう。


【関連記事】◆◆◆パンを愉しむワンプレートメニュー◆◆◆

パン屋さんに教えてもらったチリビーンズとスパニッシュオムレツ

夏のクロックムッシュ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。