時間をかけて美味しくなるもの。長時間発酵のパン。厚手の鍋でコトコト煮込んだお惣菜。

豆とかぼちゃのドライカレーは、ちょっと疲れ気味だとか、なんとなく元気がない人に作ってあげましょう。カレーは元気をくれるから。それ自体ほっこりとした栗のような味のあるひよこ豆とかぼちゃはのんびりやさしい味がするから。プレーンな美味しいパンを添えて。



乾燥した豆を戻すのは面倒な気がするかもしれませんが、買った分すべてを一晩水に漬けてから柔らかくなるまで茹で、すぐ使わない分を冷凍してしまえば、後でいろいろなことに使えて便利です。

今回はそうして作っておいたひよこ豆に、レッドキドニービーンズとマローファットピース(青えんどう)の水煮缶を足して作りました。 ひよこ豆が中心であれば、それオンリーでも他の豆を混ぜても良いと思います。これからの季節は枝豆なども良いですね。



プレーンなパンやトーストに乗せて食べよう!


*材料と下準備 *


「ふたりのためのスローフード 」というテーマですがカレーなのでおいしく作るための量(約2倍)になっています。

ひよこ豆を中心に豆の水煮 約250g
たまねぎ みじん切り 1個
かぼちゃ 角切り 200g
鶏挽肉 150g
ピーマン みじん切り 1~2個
さやいんげん 小口切り 5~6本
唐辛子 1本
しょうが みじん切り 1かけ
にんにく みじん切り 1かけ
トマトペースト 大さじ1
ソース(中濃タイプ)大さじ1
オリーブ油 大さじ1
シナモン 小さじ1/3
クミン 小さじ1/2
カレー粉 大さじ1強
水 1カップ強
塩こしょう少々


*作り方*

1.
オリーブ油でニンニク、しょうが、クミンを炒め、香りが出たらたまねぎを加えて飴色になるまで焦がさないようにじっくり炒める。

2.
挽肉とピーマンとカレー粉を加えてよく炒め、唐辛子、トマトペースト、ソース、シナモン、塩少々、水約1カップを入れる。
そこに豆、かぼちゃを入れて15分くらい弱火で煮込む。

3.
かぼちゃは柔らかくなってきたら適当にへらでつぶしながら混ぜる。水分が少なくなったら塩こしょうで味を調整してさやいんげんをひと混ぜして出来上がり。

これであっさりと仕上がるので、こくを出したい時は煮込む時に好みのカレールーやペーストなどを少し足してもOK。

【関連記事】
チリビーンズ(パン屋さんに教わったレシピ★hot&spicy)

ひよこ豆のスープ(豆を戻すのは簡単)

【関連サイト】
パンの料理とおいしい食べ方の数々

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。