肉汁うどんセット4人前2,625




盛り付け例
  

うどんが豚とネギを背負ってくる



肉汁うどん具材付き4人前入り化粧箱

武蔵野うどんのイメージは肉汁(にくじる)うどんに固まりつつある今日この頃ですが埼玉県の人気店『藤店(ふじだな)うどん』の肉汁うどんは定評が有ります。
午前10時開店のこのお店、開店と同時に駐車場にドンドンと車が入ってきて
あっという間に店内は賑わいます。
昼時ともなればそれはそれは想像を絶するような混雑。午後3時閉店までこの勢いはほとんど衰えません。
そのお客さんのほとんどが頼むのが『肉汁うどん』です。

お店で食べる肉汁うどん中盛

豚ばら肉、ネギ、油揚げを鰹節の効いた出汁と醤油とみりんで合わせた絶妙の汁。この温かい汁に冷たく締めたツルツルモチモチのうどんをつけて食べます。汁が熱い時にはうどんも熱くなりますが食べ進むと汁が冷えてきます。
このぬるくなった汁と冷たいうどんの加減も秀逸で食べ進むうちにうどんの食感が変化するわけです。
このお店で食べる『肉汁うどん』がそのまま取り寄せ可能となりました。

必要なものが全部付いて来る


肉汁うどんに必要な材料が全てついてきます。
うどんはもちろん店内で手打ちされたもの。(一人前 生めん200g)
写真は二人前です。

店頭で打たれたうどん

汁も店内で仕込まれたもの。(一人前200cc)
二種類の鰹節をベースに出汁がとられます。
肉は店主が市場でブロックで買ってきて店内でスライスされたもの。(一人前100g)汁に肉がゴロゴロ入っている雰囲気です。
ネギと油揚げは店で使う仕様でカットされたもの。
(長ネギ一人前60g 油揚げ3切れ)
具材までお店と同じものを付けているのは味の再現性のこだわりです。
肉の質やネギの質まで気にかけているからできる仕事です。
間違いなくお店と同レベルに近い味が楽しめます。
(注)茹で方はお店のほうが大釜で火力があるので有利です。(笑)