味噌煮込みうどん完成


味噌煮込みうどんの作り方


名古屋名物の味噌煮込みうどんを作ってみよう。
八丁味噌ベースのつゆと固い食感のうどん。複雑な旨みが絡み合う味噌煮込みうどんの魅力は一度取り付かれると忘れられない味になる。

首都圏でも最近は本格的な味噌煮込みうどんが食べられるようになってきたが今回は自分でつくることに挑戦しよう。
塩の入らないうどん。
ダシから作る八丁味噌ベースのつゆと挑戦してみる。

味噌煮込みうどん用うどん打ち


今回はうどんから手作りしてみた。塩を入れない打ち方で3人前程度のうどんを作ってみた。
材料
中力粉  300g
水 120g(130g) ()は気温が低いときの目安。
生うどん一人前は140gとなる。


塩を使わないで打ったうどん

大き目のボウルに小麦粉300gと水120gを入れて混ぜ合わせてから捏ねる。
折りたたむようにして数回折り返ししてビニール袋に入れて少し休ませておく。
30分程度したらまた折り返すようにして捏ねてお供え餅のような形に整えておく。
また30分ほど寝かしておいて生地がしっとりとしたら打ち粉を振って麺棒で延ばす。
今回は本場に習ってそば粉を打ち粉として使用した。
幅40センチ長さ40センチ程度の大きさになったら畳んで4mmから5mm幅で切る。麺線はよくほぐしておいて癒着しないようにする。
塩が入らないため生地がだれやすいので切り終えたら密封容器で冷蔵保管する。

味噌煮込みうどん材料 (1人前)
汁の材料

味噌二種類を混ぜる

だしカップ2杯 400cc(昆布・鰹節・干し椎茸)
八丁味噌 30g
こうじ味噌  10g
味醂  30cc
砂糖  小匙1

具材

主な具材

鶏モモ肉 80グラム
長ネギ 1/2本
油揚げ 1/2枚
干し椎茸 2枚(ダシをとったものでよい)
玉子 1個

手順
ダシを取りおえた椎茸を砂糖と醤油で甘辛く煮ておく。具材にする。
ダシ汁少々(椎茸が浸るくらい)砂糖小匙1、醤油小匙1。(材料外)

味噌を合わせて味醂と砂糖を入れてダシ少しを入れて溶いておく。
一人用土鍋にダシ400ccを入れて合わせた味噌を入れる。
鶏肉を加えて煮込む。
鶏肉に火が通ったら生うどん140gをそのまま入れる。
味噌煮込みうどんのうどんは生で煮込むために塩入れないで打つのだ。
中火で6分から7分程度煮込む。
煮えてきたら他の具材を載せて玉子を割りいれて蓋をする。
1分ほどそのまま火にかけて蓋をとり供する。
食べるところまで蓋をして持っていけばグツグツに煮えた状態で届けることができる。
熱いので取り皿とれんげを添えると良い。
具材は他に蒲鉾やわかめや各種きのこ類も合う。
また豚のばら肉なども美味しい。


違う具材で仕上た味噌煮込みうどん大盛(笑)


ワンポイントのコツ


うどんは入れすぎると鍋の中で増えますので少なめに。少し大きめな土鍋で汁は多めにうどんを少なめにいれて余裕を持って作ると上手にできます。

白いご飯も欠かせないアイテムです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。