肉きざみうどん

肉きざみうどんの魅力



冬に向って八百屋さんに出てくる,根深ネギは美味しくなります。関東名産のネギは白いところを主に食べる長ネギです。この部分が柔らかく甘みを増してきます。このネギに油揚げと豚肉とダシ汁を合わせると肉きざみうどんのできがりです。
本格的に出汁をとって手打ちうどんで作れば立派な一品。
インスタント出汁と冷凍うどんで簡単に作っても手軽な一品として満足できるでしょう。

肉きざみうどんの材料


【2人前】

用意する材料はこれだけ

豚肉100グラム (お好みでばら肉やロース肉など)
油揚げ1枚
長ネギ  1本 (深谷ネギ・下仁田ネギなど)
うどん 2玉  冷凍うどん・乾麺でも可
薬味 生姜

出汁汁600cc(かつお出汁・昆布出汁など)粉末出汁も可
淡口醤油 50から60cc 好みで調整してください。
日本酒 少々
塩 少々

手順



油揚げの油抜き

●油揚げの油抜きをします。できあがりに影響しますので油抜きをします。できれば何度かお湯を代えると完璧です。
鍋で湯がくかざるで熱湯をかけるかします。
湯抜きをしておくと後味がさっぱりします。

●出汁を完成させたら豚肉と油揚げの細切りにしたものを入れて煮ます。
火が半ば通ったらネギを入れます。軽く火が通ったら茹でておいたうどんを温めて丼に盛ります。



出汁で煮る

●熱々の汁を上からかけて入れてできあがり。
所要時間はうどんの茹で時間を入れても15分でできます。
茹でながら準備して完成時間を調整します。



肉きざみうどん完成

うどんの澱粉質と豚肉のたんぱく質、ネギのビタミンB1で大変バランスのよい食事になります。アツアツをスズっとすすりこんでください。
薬味は小ネギ・生姜などが合います。

また関西で主流のきざみうどんは油揚げと九条ネギを使います。九条ネギは葉ネギで青いところを食べます。こちらもさわやかな甘味が楽しめます。しっかりととった昆布出汁と合わせるて大変おいしいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。