おなじみのきつねうどん
きつねうどんは甘く煮た油揚げがうどんに載るメニューです。シンプルですがなかなか奥の深いものです。ほっとする味に仕上たいものです。

きつねうどん発祥は大阪船場の『本舗 松葉家』の創業者の宇佐美要太郎さんが考案したと言われています。いなり寿司の油揚げをうどんに乗せて食べている客が居たことにヒントを得たようです。松葉家では3日もかけて油揚げを炊くということが『きつねうどん口伝』宇佐美辰一氏の著作にあります。
松葉家ガイド記事
さてきつねを煮るのに3日かける本職に敬意を表しながらも家庭でもきつねうどんを作ってみましょう。甘辛の油揚げと淡口仕立の関西風うどんつゆの絶妙のハーモニーが楽しめます。

材料 5人前


油揚げ 5枚
砂糖 60g
塩 少々 
鰹だし 200cc 
淡口醤油 30cc
うどん 5玉
蒲鉾 半本

【かけだし】 2000cc(できあがり) 一人前は300cc 丼の大きさによる。
利尻昆布10gから15g
鰹節 30g
味醂 50cc
日本酒 50cc
淡口醤油150cc
砂糖15g
塩 少々
水 2000ccから2500cc

【薬味】 
七味
青ネギ