フランス料理
ワインと共に余韻の長い味わいが拡がる

シンプルゆえの奥深さに

メインは魚料理を。神戸なので瀬戸内の魚かと思いきや日本海の赤ムツ。軽くポワレした赤ムツをオリーブオイルの風味をつけて軽く煮込んだ料理だ。この料理は間違いなく素材がすべて。身の弾力が違う。軽く泡立った軽めのソースは新鮮な魚の味わいをさらに引き上げるために、優しく副えられる。切り分けた白身からは香りが沸き立ち、横の野菜達もオマールのサラダ以上に存在感を際立たせる。

デザートは梨のミルフィーユ。カモミールの香りがほのかに漂う。梨を纏ったミルフィーユは思いのほか味わいは濃厚で、かなり余韻も長い。ワインが必要になるかも知れない。デザートよりもワンランク上があるとしたらその域に達するもので、前菜、メイン、デザートといいう基本的なコースでもうお腹は幸福な満腹感に包まれる。

フランス料理
キレのいい甘さが拡がる
デザートの余韻とハーブティーでしばし、遠くの風景にぼうーっとしてしまう。ゆったりとした空間はホテルならでは。眼前に広がる六甲の山々の風景はそれは東京からきた私には非日常。しかし、それに負けない料理がここにある。

料理長の岸本貴彦氏に少しの時間お話を伺った。赤ムツはメニューに載っているもので特に質のいいものが届けられるとのこと。日本の自然、漁師の腕、コンディションの良さなどなどいろんな要素が重なってこの皿に載る偶然になにか嬉しくなる。オマールのサラダはシャペルのスペシャリテとして長くその味を後世に伝え残したいという強い気持ちがあるという。

アラン・シャペルはミヨネの本店とここ神戸の2店のみ。目の届く範囲で料理人やサービススタッフが行き来し、お互い刺激を投げあい吸収しているという。

フランス料理
重厚感あるワインリストはホテルならではの豪華版
話は変るが来年早々にフランスはリヨンで開催されるボキューズ・ドール日本代表に選ばれた佐々木康二氏は長崎はハウステンボス「エリタージュ」を経て現在はアラン・シャペルの料理長岸本氏の補佐を勤める。この日はフランスにトレーニングに行っていたため不在だったが、大きなプレッシャーの中必ずや前回を上回る成績に期待したい。

前回はサンス・エ・サヴール(丸の内)の長谷川シェフが日本人歴代最高の6位入賞を果たしたが佐々木氏にはそれを上回る成績が期待されている。こうした料理人の努力の結果が本場フランスにおける「日本のフランス料理のレベル高さ」を広め、その結果が様々な形で繋がり、私たちの日常のフレンチがもっともっと深く広く楽しいものになっていくのである。

<お知らせ>
10月23日(木)~26日(日)までアラン・シャペル・ミヨネ本店よりフィリップ・ジュスを迎えて秋の新作メニューとワインを楽しむ会が開催される。近日中にホームページで案内が出るようだ。

フランス料理
アラン・シャペル(神戸ポートピアホテル)
神戸市中央区港島中町6-10-1 ポートピアホテル本館31F
TEL:078-303-5201
定休日:無休
交通・アクセス:ポートライナー市民広場駅 徒歩1分 
        JR三ノ宮駅から無料送迎バス 15分
        新幹線新神戸駅から無料送迎バス 25分
営業時間
LUNCH  11:30~14:00(LO)
DINNER 17:00~21:00(LO)
オールアバウトにあるアラン・シャペルの記事
食べ歩き(関西)ガイドの麻生さんがお薦めする神戸のフレンチ
ル・パッサージュ
ファヴォリ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。