ヴィロン
パリの雰囲気を忠実に再現する

ブラッスリー・ヴィロン

これまで多くのガイド記事を書いてきた中で、新旧に関わらずアクセス数が圧倒的に多いのが渋谷と丸の内にあるブラッスリーVironなのです。非常に特徴のはっきりしたところで、私もバゲット・レトロドールがある朝食は日常のちょっとした贅沢な気持ちにさせてくれる味わいがあります。とにかく「小麦の香り、パンの味」がきちんと込められているんだなあ。

久しぶりに渋谷までランチに出掛けてきました。12時前ですがそこそこ混んでいます。お一人様も結構いるもんだなあ、と思いつつまずは白ワインを。

レトロドール
食べ飽きることのない味わいがヴィロンならでは
グラスやカラフで5種類ものワインが用意されています。カラフで安いものは2000円、高いものでベルナール・グロのものが3500円とまずまずリーズナブル。メニューはプリフィクスと若干のアラカルトがあり、ワンプレートなら1000円と少し。

驚いたのは200g以上はあろうかというステーキ!フレンチフライも大盛りでどっかーんというボリュームが心地よく、食べ応えのある一皿です。マスタードとケチャップが付いており、不思議と飽きることはありません。フランスのブラッスリーでは日常的なランチなんですよね、これ。

ステーキ
実に豪快なステーキ!
なんと言ってもバゲットがほんのりとあたたかい状態でサービスされます。エシレのバターは別料金(420円)ですが、これは必ずオーダーすべきかも知れません。世界最高峰のバターと日本最高峰のバゲットのマリアージュ。これはオススメです。

ローストポークのサラダも塩とドレッシングが正確に和えられており、手抜きのない料理に仕上げられています。牛頬肉のトマトソース煮込みはやや軽めの仕上がりでピュレも日本人向けに濃厚さを排除したライトな仕上げ。すすーっと入っていくものの余韻とボリュームはばっちりでしょうか。きちんとした仕事ぶりがわかりますな。

サラダ
塩を利かせて味を引き締めているサラダ
多くの白ワインの中から選んだのがリースリング。すいません、銘柄忘れましたが常備してあるものと思います。これが抜群に良かった。サービスの方がビオとか言っていたのですが、マスカットのような爽やかな香りに複雑な味わい、そしてほんのりと残る軽い甘さ加減。そしてトライすべきワインを選べるのは楽しいよね。