大学時代の友人達と旨いもの食べたいけど、新宿近くでどこかないだろうか?」と聞かれたのがつい先日のこと。自信を持って薦めたのが今回ご紹介するシラノ・ド・ベルジュラックだ。

初台といえばオペラシティ。賑やかなビル周辺は意外なほど静かだ。私にとって初台は実は思い出の地。当時ここにあった三菱化成の初台寮(社員寮ではなく出張者が泊まるホテルのようなところ)でずっと宿直のバイトをさせてもらっていたのははるか昔の学生時代。分不相応な食事と大きなお風呂は貧乏学生にとってはたいへん有難かったものだった。


そんな初台もバブル期から開発が進み、あたりの様子は大きく変わった。レストランもオペラシティの中にもちろんたくさんあるが、北側にはイタリアンの人気店に成長したアルモニア、ビストロのル・ボータン、南側にはフレンチのカスケット、そしてシラノ・ド・ベルジュラック。

山手通りからすぐなのだが、今は道路工事の影響で非常にわかりづらくなっている。しかし地図を片手に注意深く歩いていくと、すぐにその煌く灯りに気がつくに違いない。通りから吸い込まれるような明るい光が毀れている。