ゲームを遊んでいない間にゲームの価値がある

お料理ナビの価値の図
料理を作ってみたくなる、食べた人が喜ぶ、それはすなわち生活を豊かにするという価値の提案をユーザーにしていることになります
今までのゲームが、ゲームを遊んでいるユーザーの時間だけをターゲットにして作られているものだとしたら、これからのゲームはより広い視野で、ゲームを遊んでいない間のことも考える必要があるのかもしれないと、ガイドは考えています。それが、ただの遊び以上の存在価値を生み出すということになるでしょう、と。

例えば、DSには、しゃべる!お料理ナビ(以下お料理ナビ)というソフトがありますが、これは料理の手順を教えてくれるソフトです。このソフトを使う場面というのは、料理をする時なのですが、このソフトの価値が発揮される場面は、料理をする時ではありません。本当の意味でこのソフトの価値が発揮されるのは、料理を食べる時です。美味しい料理ができてよかったねと、みんなが思った時に、お料理ナビの存在価値は高まるのです。

これは、Wiiスポーツのようなソフトの場合も、似たようなことが言えます。Wiiスポーツは、大人でも子供でも、ゲーマーでもそうでない人でも、みんな一緒に遊べ、しかもとても目新しく、体を動かして盛り上がれるゲームです。それは例えば人を家に招待するきっかけになったり、一緒に遊ぶことで仲良くなることができたり、ただ遊んでいる時間が楽しいということ以上の価値があります。おそらくWiiスポーツを買った多くのユーザーは、誰と遊びたいかイメージして商品を買っているはずです。そこには、誰かと体験を共有して、関係を豊かにするという高い付加価値が存在します。

ゲームがあることで、ゲーム以外の生活がより豊かになる、この価値に大きく反応したのがDSやWiiのコアターゲットではないでしょうか。これからのゲーム業界は、大きな視点で、遊びの先にある価値を提案していく必要があるように感じます。ゲームをしている間が楽しいのはもちろんですが、ゲームがあってよかった、ゲームをしていてよかったと思ってもらえたら、最高ですよね。

【関連記事】
大人の為の脳トレゲーム ベスト5(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲーム業界が届いていない実用ゲーム需要(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲームの新しい役割 新しい社会との関係(AllAboutゲーム業界ニュース)
マリオギャラクシーがイマイチ売れない理由(AllAboutゲーム業界ニュース)
PS3が売れる為に必要なのはプレゼンス(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。