PS3という商品について考える

PS3苦戦の図
ハード売り上げの推移的には、ゲームキューブに近い感じですね。PS2の頃とは比較できないほど減少しています
2006年11月11日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)から発売された次世代据え置きゲーム機、PLAYSTATION3(以下PS3)。任天堂のWiiの方は、非常に好調で売れているというニュースがよく流れますが、PS3の方はどうかというと、2008年1月までで約180万台ほどが普及しています。

Wiiが500万台を超えているので、Wiiの半分以下、3分の1に近い普及状況です。PS3が苦戦している理由には色々なことが挙げられます。値段が高価であることや、発売当日に数が揃わなかったことなど、複数の要素が重なって現状になっていると思われます。今回はその中で、PS3という商品そのものについて考えてみたいと思います。PS3という商品は売れる商品になっているのか、商品力があるのか、というお話です。

【関連記事】
結局PS3ってどうなってるの?(AllAboutゲーム業界ニュース)

プレゼンテーション以前にプレゼンスが足りない

存在感が足りないPS3の図
ゲーム機に限らず、一言でこんなものだ、と表現しにくい商品は売るのが難しくなります。ですから、売れる商品には良いキャッチコピーがつきものなのです
プレゼンテーションは提案ですね。この場合のプレゼンテーションは、PS3におけるゲームや機能をユーザーに提案するという意味でのプレゼンテーションだと思ってください。プレゼンスは存在感という意味です。つまり、PS3でゲームや機能がお客さんにいくつも提案されていますが、それ以前に存在感が足りないのではないか、というわけです。存在感という言葉は抽象的で分かりにくいですね、もうちょっと噛み砕いて説明してみましょう。

例えば、Wiiは存在感があります。Wiiってどんな商品? と聞けば、ゲームをあまりしない人でも、直感的なゲームとか、リモコンを振る奴とか、答えが返ってきます。これは、Wiiというゲームハードが業界の中だけではなく、社会の中で、リモコンを振って遊ぶ今までにないゲーム機という存在感を持っているということです。もう少しつっこめば、リモコンを振って誰でもゲームを楽しく遊べるもの、という存在感を持っていると言えるでしょう。お客さんは、そういう存在が家の中にあって欲しいかどうかで、買うか買わないかを選択するわけです。

ではPS3はどうでしょう。PS3がどういう商品かとたずねられた時、ゲームに詳しくない限りは、PS2の後継機であるということ以上のことが言える人は少ないように思います。少し詳しい人で、Wiiと比較して高性能なゲーム機である、ということぐらいでしょうか。PS3があれば今までにないこんな楽しいゲームライフが過ごせる、と説明できる人は相当ゲームに詳しい人だけでしょう。これが、存在感が無いということなんですね。

PS3は実にたくさんの機能がついています。ゲームの映像が高画質で、オンラインに繋げることができて、ブルーレイディスクが読めて……。しかし、PS3はこんなゲーム機だ! という存在感が欠落している為に、それらの価値がしっかりと伝わりません。結局何が楽しいのか分かりにくいのです。

では次に、どうしたら存在感を出すことができるのかという点について考えてみましょう。