似てると思ってプレイしてない人は損してるかも

どうぶつの森の図

どうぶつの森みたいなゲームだと思ったら大間違い!

ファンタジーライフはどうぶつの森と似ている……そんな風に考えていた時期がガイドにもありました。今回は最初に懺悔をしておきます。レベルファイブからニンテンドー3DS(以下3DS)用ソフトとして2012年12月27日に発売された「ファンタジーライフ」、当初はそれ程しっかりチェックしておりませんで、なんとなく「とびだせ どうぶつの森(以下どうぶつの森)」に近い感じで、まったり生活できるゲームだと思っていました。ですから、どうぶつの森をガッツリプレイしていたこともあってプレイしていませんでした。

その後周りから、どうぶつの森とは全然違うゲームだから、そして面白いから、絶対遊んだ方がいいから、と押し切られてプレイ。確かにどうぶつの森とは全然違う……というかそもそもまるで似ていない、そしてこれは面白い! このアプローチはいままでなかったかもしれない!

ゲームライターとしては大変恥ずかしい話ではあるんですが、この恥を晒してでも伝えるべきことがあると考えました。おそらく、ガイドと同じように、なんとなくファンタジーライフはどうぶつの森みたいなゲームだと思って、なんとなく遊んでないユーザーが他にも居るんじゃないかと思うんです。それはもったいない、断じてもったいないのです。

ガイドと同じような失敗をする人を減らすためにも、ファンタジーライフが本当はどんなゲームなのか、お伝えしたいと思います

コンパクトでゆる~く遊べるオープンワールドRPG

ファンタジーライフの図

ドラゴンとだって戦っちゃいます。ちなみにこいつはいつも居眠りばかりしているイネムリドラゴン

ファンタジーライフはいわゆるオープンワールドRPGと呼ばれる分野のゲームです。これは海外のゲーム、いわゆる洋ゲーに多いジャンルです。通常RPGというのは行ける場所をストーリーで制限して、お話を進めると行ける場所が増えていくのが普通ですし、ストーリーに沿って主なダンジョンなどを用意しています。それに対してオープンワールドRPGというのは、本編となるストーリーはあるものの、最初から世界が開けていて、自由に色んな場所に行って、自分の思うように冒険ができるようになっています。

自由に歩き回れる広大な3D空間を用意して、そこで思い思いの冒険を楽しむというゲームですから、性能の高い据え置きハード、そして開発規模の大きい海外タイトルで発売されるケースが多いジャンルです。ということは、ファンタジーライフが比較されるべきはどうぶつの森ではなく、ベセスダ・ソフトワークスの「ザ エルダースクロールズ V: スカイリム(以下スカイリム)」やカプコンの「ドラゴンズドグマ」ということになります。

なんかいきなり濃いゲームの名前が出てきて、画面の雰囲気から全然似ていないと思うかもしれませんが、ジャンル的にはこっちなのです。ですから、自分の村という限定した中で充実した生活を送るどうぶつの森とは真逆、馬やラクダに乗って世界中を駆け巡り、溶岩だらけの洞窟や、ゾンビの徘徊する海岸で戦いを繰り広げ、ストーリーを進めるもよし、王国兵士に傭兵、木こりに釣り師に錬金術師といった様々なライフを極めるもよし、あっちこっちの人から頼まれるクエストをこなすのも楽しい、というゲームなんです。ファンタジーライフでも、家の中で家具を配置したり、果物をもいだりできるので、そこを見るとどうぶつの森っぽくも見えるんですが、それは大冒険のほんの一部なのです。

ただし3DSのソフトですから、オープンワールドRPGとしてはかなりコンパクトです。コンパクトなオープンワールドRPGって矛盾している気もしますが、プレイヤーが自由に冒険できる楽しさはそのままに、世界がコンパクトにまとまっているというのは遊んでみるとかなり快適です。

そして、スカイリムやドラゴンズドグマのようなゲームと比べて、すごくマッタリとしてノンビリとしてホンワカとした世界です。できることは多いんですが、ゲームシステムそのものはあまり複雑なことがありません。携帯機で可愛らしいキャラでゆる~く遊べるコンパクトなオープンワールドRPG、それがファンタジーライフなんです。このアプローチは、実はあんまりなかったんじゃないかと思います。

次は具体的にファンタジーライフでどんなことができるのか、お話していきたいと思います。