MGS4ついに発売!

MGS4の図
コンビニで雑誌をちらっとみたら、あちらにもあちらにもスネークの顔が。広報活動も相当気合がはいってます。
2008年6月12日、ファン待望の大作、メタルギア ソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオットが発売されます。PLAYSTATION3(以下PS3)独占のキラータイトルとしてハード発売前から期待されていたソフトですから、メーカーであるコナミデジタルエンタテインメントはもちろんのこと、プラットフォームホルダーのソニー・コンピュータエンタテインメントも最大限のバックアップをし、ファンに大きな盛り上がりを提供しています。

ゲームが好きな人であれば、何やら凄く盛り上がってるという雰囲気は感じると思うのですが、一方で、ところでそのメタルギア ソリッド(以下MGS)シリーズってどんなゲームなの? という人も実はいるのではないでしょうか?

そんな、ちょっとおいてけぼりをくってしまった人の為に! 話題のゲームを買おうかどうか迷っているあなたに! MGSがどんなゲームか、何が面白いのか、ご紹介したいと思います。

スニーキングアクションってなあに?

見つかってしまったスネークの図
見つかっても、敵兵の無線機を打ち抜いて仲間を呼ばせない、なんてテクニックもあったりします。見つからない、見つかっても仲間を呼ばせない、というのが基本です
MGS4のプロモーション動画やプレイ動画などを見ると、戦場での銃撃戦が目に付きます。そのせいで時々ファーストパーソンシューティングやサードパーソンシューティングなどのシューティングゲームと勘違いされることがありますが、MGSはシューティングゲームではありません。シューティングのようにプレイすることもできるだけで、コンセプトはスニーキングアクションにあります。

スニーキングアクションというとまた聞きなれない言葉で分かりにくいと思いますが、簡単に言ってしまえばかくれんぼのゲームです。プレイヤーキャラクターであるスネークは戦場にただ1人潜入します。そして目の前の敵を片っ端からちぎっては投げちぎっては投げ……はせずに、静かに気づかれないように、こっそりこっそり与えられたミッションをこなしていくのです。

普通のゲームと同じ感覚でスタスタと進んでいくと、あっと言う間に見つかって、無線で警備兵が集められて、囲まれて倒されてしまいます。始めてやる人は、敵に発見されたあとあまりにあっけなくやられてしまうことにビックリするかもしれません。そういうゲームなのです。ここがシューティングとは違うところですね。倒して進むのではなく、隠れて進む。

その代わり、敵から身を隠して進む手段は実に豊富に用意されています。