名工・三村仁司氏、アディダスと専属契約

アディダス ジャパン代表取締役 パスカル・マルタン氏と専属契約を締結した三村仁司氏
アディダス ジャパン代表取締役 パスカル・マルタン氏と専属契約を締結した三村仁司氏
松飾りが取り片付けられたばかりの1月8日、メディア各社に衝撃のFAXが届きました。それは、昨年2009年アシックスを定年退職しシューズ作り工房「M.Lab(ミムラボ)」を主宰する靴作りの名工・三村仁司氏が、アディダスと専属アドバイザー契約を結んだという内容。

三村仁司氏は1948年生まれ。アシックスの前身オニツカに入社、2009年3月31日までの在職期間の内、35年間は高橋尚子さん、野口みずき選手らトップアスリート対象の特注シューズ制作に携わり、2004年には厚労省から「現代の名工」に選ばれた、まさに名工です。

1月13日に行われた記者発表会では、本人の口からここに至った経緯やこれからの目標などが語られました。会場には三村氏のシューズを履き1991年の世界陸上東京で、金メダルを獲得した谷口浩美東京電力長距離・駅伝チーム監督や、アディダス契約選手であり昨年のセリーグリーディングヒッターとなった東京ヤクルトスワローズの青木宣親選手も駆けつけ、今後の活躍に期待するエールを送りました。

では、三村仁司氏をご紹介しましょう。

三村仁司氏へのQ&A

抱負を披露する三村仁司氏
抱負を披露する三村仁司氏
司会(以下、Q) どうしてアディダス社と契約しようと判断されたのでしょうか?

三村仁司(以下、三村) アディダスは、世界のアスリートをサポートしてきたという実績がありますよね。それと選手達に意見を聞くと、選手が活躍できるような事例を持っていたということがありますね。いろいろまだあるんですけど、ラスト(足型)とかソールがアディダスにはあったということもですね。

あとは、一番熱心に誘っていただきました。

三村氏が担当する3つの役割

Q 今回の契約を受けてアディダス専属アドバイザーという肩書きになられたわけですけれど、具体的な役割としてどのようなものがあるのか順番にお聴きして参りたいと思います。まず最初は、トップアスリートのシューズの開発担当ということですね?

ヤクルトの青木宣親選手から花束を受ける。左は谷口浩美監督
ヤクルトの青木宣親選手から花束を受ける。左は谷口浩美監督
三村 私のところに足型を測定しに来ていただいていますけどね、その選手に合ったベストなシューズを作っていくということになると思います。当面野球とか陸上のシューズですね。

Q 二つめの役割には、アディダスジャパンには、足型の研究、分析、社内外への啓蒙活動、研修などを行うマイスターチームという部署があります。三村さんはそのマイスターチームを率いるヘッド オブ マイスターを務められるということですね?

三村 今までの経験を活かして皆さんにお伝えできたらいいなと思っているんですけど。アディダスのシューズを作るとか、これから新商品開発のアドバイスをするとかプロモーションをするとか、アディダスの物作りの精神とか技術とかをお伝えできればいいと思ってます。

Q 三つめの役割なんですが、一般向けの商品開発も行われていくということですよね?

三村  そうですね。一つの商品を作るのには1年以上の時間がかかるんですけども、アディダスと一緒になってやっていきたいと思っているんですけどね(配付資料によれば2011年秋冬モデルから登場とのこと)。

Q アディダスのグローバル本社とともにやっていくということですね?

三村 そうですね。

Q アディダス契約アドバイザーとしての、これからの三村さんの抱負をうかがわせていただけますでしょうか?

三村 世界陸上とかオリンピックとか8回行ってますけど、最低ロンドンくらいまではぜひ行ってみたいと思っています。そして、世界記録を狙えるくらいの物作りをしていきたいと思っていますけどね。

三村工房から生まれるアディダス製品が誕生へ

取材陣の大きな興味の一つが、なぜアシックスではなくアディダスと契約を結んだのかという点。しかし、契約についてはノーコメントで語られませんでした。正式な活動は4月1日から。それまでは三村ブランドの「ミムラボ」での靴作りとのことですが、今後は一般向け商品開発チームとの作業が始まるとのことです。

また、今回は三村氏の工房「ミムラボ」とも契約しており、4月1日以降にミムラボで制作されるすべての競技用シューズは、アディダス製品として開発されるとのことです。