定期的にレースに出る

大会出場も有力な動機付けに。体力測定のつもりで毎年同じ大会に出れば、体力の若返りも老化もくっきり
大会出場も有力な動機付づけに。体力測定のつもりで毎年同じ大会に出れば、体力の若返りも老化もくっきり
超スロージョグでも、持続していると速く長く走れるようになってきます。それは、体重が減少することによるものと、末梢毛細血管が発達するほか、代謝能力等走る上での身体機能が進化するためです。

番組にもありましたが、3ヶ月も続けると5~10km程度のロードレースの完走も困難ではなくなります。そこで大会への出場をおすすめします。10kmの距離を頑張ったときにどのくらいで走れるのか。走り始めて数年の間は、何歳から走り始めても記録は短縮できるものです。あまり頻繁に出場しても進化の度がはっきりしませんから、3~4ヶ月に1回ぐらいがいいかと思います。大会への出場という目標があれば、さぼる気持ちも低下するものです。

特に速く走るためのトレーニングをしなくても、超スロージョグだけでも速く走れるようになってくると思います。

人気大会出場を目標に

人気がある大きな大会に行ってみる(できれば出場する)のもやる気を湧かせてくれます。大きな人気大会はいずれもお祭りのようです。

フルマラソンの部ではなくても、5km、10kmの設定がある大会もあります。その最後部でゴールを目指すだけでも大会の楽しさは大いに享受できます。遅く走っても遅いなりに楽しみがあるのが市民マラソンのよいところ。沿道から応援を受ける経験も、絶対にあなたを感動させてくれるでしょう。よし、また来年も来よう、そのためにはジョギングを続けなくては、となります。

ホノルルマラソン、東京マラソン、NAHAマラソンなどに人気が集まる大きな理由の一つが制限時間が長く、初心者でも完走できる、感動できることにあるのです。

東京マラソン完走には練習に刺激を

番組では、3ヶ月も続けるとフルマラソンも完走できるようになると紹介していました。福岡の走友会の皆さんも超スロージョギングを続けてフルマラソンを完走できたと報告されています。超スロージョギングだけでフルマラソンを完走することが可能なのか、というとある面ではその通りだし、ある面では無理ともいえます。

ほとんどのマラソン大会には制限時間があります。制限時間の長い東京マラソンでも7時間、出場資格には6時間40分で走れる人、とあります。このタイムは時速6.33kmほど。超スロージョグの歩くほどのスピードは時速4~5kmですから、超スロージョグの27~58%ほどもスピードを上げて走らなければ東京マラソンの完走は困難なのです。つまり、超スロージョギングでは東京マラソンは完走できないことになります。

しかし、時速6.33kmというスピードは、時速4~5kmの超スロージョグでも数ヶ月続けていれば達することのできる速度だと思います。それは、末梢毛細血管が発達し、体重が落ち、関節の動きも滑らかになり、代謝機能も向上してくるからです。フルマラソンを完走するためには、次第に時速6~7kmで走る距離を長くする必要があると思いますが、すでに体が変わってきていますから、走り始めた頃の時速4~5kmで走っていた時のきつさ(ということは、乳酸が発生しない、辛さや息切れのないきつさのレベルです)で走れるでしょう。つまり東京マラソンも完走できるようになるということです。

さあ、フルマラソン完走に一抹の不安を持っているあなた! 超スロージョギングで大丈夫だから、とにかく続けましょう。

「超スロージョギング入門」講習会

「ゆっくり走れば健康になる」(中経出版)の著者・梅方久仁子さんを講師に迎えた超スロージョギング入門の講習会が2010年11月21日(日)に東京の不忍池周辺で行われます。ご興味のあるかたは、http://kokucheese.com/event/index/5664/で詳細をご覧ください。申し込みもこのサイトから。


<関連リンク>
NHK総合 ためしてガッテン 脳いきいきダイエット 超らくジョギング革命!
超スロージョグがシニアライフを豊かに
超スロージョグが解決する日本の重要課題
超スローでも体にこんなにいいランニング

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。