鶏をアミノ酸BCAAで代用して実験中

アミノバリューと生脈散(麦味参顆粒)
アミノバリューと生脈散(麦味参顆粒)で馬軍団に迫る
また、中国では出産後の妊婦の疲労回復に鶏がよく使われます。鶏肉は脂身が少ない優秀な動物性タンパク質。アスリートの栄養補給に必須アミノ酸BCAAが必要なことは最近になってよく知られるようになり、アミノバリューなどBCAAサプリメントの有効性が認識されてきていますが、馬俊仁コーチのスープでは、鶏肉がアミノ酸補給の役割を担っているように思われます。

生脈散+アミノ酸BCAA顆粒でテスト

私も夏には十年来、生脈散をエキス顆粒化した製品(日本での商品名は「麦味参顆粒」など)を愛用していますが、この原稿を書くために本を再読してちょっと試している服用法があります。それは、生脈参と一緒に鶏の代わりにアミノ酸BCAAの顆粒サプリメントを摂ることです。なかなか鶏を煮込んだスープを練習後すぐに飲むというわけにいかないのですが、顆粒のアミノ酸BCAAサプリなら簡単に飲めます。生脈参+アミノ酸BCAAサプリでこの夏の疲れがこれまでの夏の疲れとどのように違うのか、楽しみにして自分の体で実験を始めました。

中国の五輪代表選手がどのようなサプリメントを摂っているのかわかりませんが、いずれいろいろと聞こえてくると思います。その中には、馬軍団の経験を礎にした飲み物がきっとあると思います。

北京五輪は暑さとの戦いになるでしょう。地の利と漢方の伝統を背景に中国選手は有利に戦いを進めるに違いありません。日本人選手にせよ他の外国人選手にせよ、それに対してどのように立ち向かうのか、それは北京五輪の見所の一つになるのではないかと思います。



<関連リンク>
馬俊仁:走る超人集団「馬軍団」を作った男
気陰両虚体質のチェック :枯れた体に”潤い”を蘇らせる!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。