ジュニアゴルフへの関心の高まり

ジュニアゴルフに関する関心の高まりから書籍も発売されはじめた。『ゴルフジュニアブック』 税込1,000円
宮里藍プロや横峯さくらプロの親子二人三脚の姿が、テレビや雑誌で紹介されるに従い、ジュニアゴルフへの関心は高まりを見せています。事実、ジュニアゴルファーも増加傾向にあるといいます。記憶に新しいハニカミ王子こと石川遼選手のツアー優勝により、今後ますますお子さんにゴルフを始めさせたいゴルファーの方が増えてくるのではないでしょうか。ただ「ゴルフは紳士のスポーツ」と言われるくらいなので、もともとはあまりジュニアゴルファーを想定したものではなく、「少年少女はプレーお断り」のゴルフ場もあったほど。

いままで続くこの連綿とした流れは、90年代半ばにタイガー・ウッズが登場し、年少時の天才ぶりや父の徹底した英才教育が話題になったころからだと思います。愛情に裏付けられた両親の熱心な指導とそれを裏切らないタイガーの成長は、理想の親子関係といえます。前述しましたが、自分の息子・娘にゴルフを始めさせる人が増えはじめたのも、このタイガー親子の影響が大きいのでしょう。

最近では、ジュニア料金を設定しているゴルフ場やゴルフ練習場が増えるなど、業界内でも次代を担う子どもたちを育てようという機運が高まっており、ジュニアゴルファーに対する環境も改善されつつあります。

今回はその流れの中、ジュニアゴルファーがゴルフを始める上で特に頭を痛める、ジュニア用ゴルフクラブについて紹介します。

>>ジュニアゴルファー用のクラブの実態について>>