会員権選びのポイント

コースはもちろんロッカーなどの設備も評価のポイントに
実際に会員権を購入するかどうかは別として、自分が購入するにはどんなゴルフ場が良いか、想像してみるのは楽しいもの。購入を考えている方もそうでない方にも役立つ、会員権選びのポイントを紹介します。

1.アクセスが良いこと
ガイドの実家の近くには車で15分から30分でいけるゴルフ場が何箇所かあります。そうした恵まれた立地であれば問題はありません。しかし、東京近郊のゴルファーにはアクセスは切実な問題。

近くにゴルフ場のあるゴルファーには信じられないことですが、例えばガイド自身も午前4時には起床して、高速道路代を浮かせるために他のメンバーを車で迎えに行き、200km以上離れた茨城県のゴルフ場や片道3000円かかる東京湾アクアラインを利用して、千葉県のゴルフ場でプレーしています。これ以上書くと、恨み節になりそうですが……。車で一時間程度のアクセスが理想とされています。

2.予約の取りやすさ
予約の取りやすいゴルフ場を選ぶというのは、選び方の基本ですが具体的にはどう選べばいいのでしょう? 目安になるのはメンバー数です。ホール数や積極的にプレーするアクティブな会員数などの関係もあるので一概には言えませんが、1300名前後であれば予約が取れない状況はおきにくいでしょう。

3.プレー環境
ゴルフプレーを楽しむためには、最も重要かもしれません。コースのレイアウトが自分のもとめるゴルフプレーにあっているかを判断します。フラットで広々としたゴルフ場でゴルフしたいと希望しているのに、フェアウェイが狭くドッグレッグ(コースの曲がり)の多いホールの多いゴルフ場では困ります。上達を目指すゴルファーは、コースレート(ゴルフ場の難易度を示す数値)の高いゴルフ場を選ぶと良いでしょう。

またコースメンテナンスも重要です。特にグリーン管理はゴルフ場の評価に直結する要素です。グリーンがいつも整備されて良い状態のゴルフ場は他のメンテナンスも行き届いているといっても過言ではないでしょう。

ロッカーや浴室などクラブハウスの設備も考慮に入れたいところです。レストランの食事もできれば口に合うほうが良いですね。

次回も引き続きゴルフ会員権選びのポイントを解説します。



<関連リンク>
1netの日経ゴルフ
住地ゴルフ
日本ゴルフ会
ゴルフホットライン
シントクゴルフ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。