憧れのゴルフ会員権

ホームコースを持つことはゴルファーの夢
ゴルフを始めると当面の目標はコースデビュー。上達にしたがってプレーの頻度も増え、ゴルフクラブなどの用品類もだんだん気に入ったものが欲しくなります。そして、最終的なゴルファーの夢と言えば、やはりゴルフ会員権を手にして、自分のホームコースを持つことではないでしょうか?

ゴルフ会員権とは、会員制ゴルフ場の会員になった「権利」のことです。ゴルフ場には、誰もが予約可能なパブリックコースと会員のプレーのためのメンバーシップコースがあります。メンバーシップコースのほとんどが、預託金制クラブという形式で会員権が譲渡可能となっています。これらは、流通性が高く、相場変動があるのが特徴で、通常、ゴルフ会員権という場合、この預託金制クラブの会員権を指します(※この預託金については次回解説します)。

しかし、ゴルフが大好きを自認するゴルファーの中でも案外、会員権について知られていないのも事実。雑誌広告の会員権相場表を見てその金額だけを見て腰の引けたかたも多いのでは?

そこで今回は、初中級者を対象にゴルフ会員権の初歩的な知識を解説します。

>>次は、ゴルフ会員権のメリットについて>>