ショートウッド人気の理由

ロングアイアンの距離をやさしく打つことができるショートウッド(※写真は本間ゴルフ「BERES MG711 9番ウッド」)
20年前、ウッドといえばドライバーに3W・4W・5Wという4種類が一般的でした。しかし、「ショートウッド」と呼ばれる7Wや9Wが本格的に登場し、アマチュアはもとより女子を中心としたプロゴルファーも積極的に使用したことで、より多くの種類のウッドが認知され、ゴルファーのクラブセッティングの選択の幅を広げています。

また同じように新しいカテゴリーのクラブとして登場したユーティリティークラブを使用することも、新しいクラブセッティングとして脚光を浴びました。現在では、多くのゴルファーがロングアイアン(2~4番アイアンの通称)を抜き、ショートウッドやユーティリティークラブをバッグに入れるようになっています。

このようにショートウッドやユーティリティーが広く認知され人気となった理由、それはこれまでセッティングされていたロングアイアンが、とても難しいクラブであるためです。ロングアイアンは打球があがりにくいため、しっかりした飛距離を出すためには相応のヘッドスピードが必要になります。またスイートエリアも他のクラブに比べて狭く、ミスヒットの確率も高くなります。

そこで今回は、ロングアイアンの距離を易しく打つことができ、ゴルファーの力強いお助けアイテムとなったショートウッドとユーティリティークラブについて考えます。

>>次は、ショートウッドとプロゴルファーについて>>