ショートウッド、その易しさの秘密

ショートウッドはロングアイアンに比べ、低重心・深重心の特性を持っている
ショートウッドが、ロングアイアンと比べて特に優れているのは、打球があがりやすい事とスイートエリアが広くミスヒットになりにくい点です。ショートウッドは、アイアンに比べてスイートエリアを広く出来る利点があり、またヘッドの重心位置が低いいわゆる低重心であるため、同じロフト角のアイアンと比べてもはるかに高い弾道のボールを打つことができます。ロングアイアンの特性である打球が上がりにくい、スイートエリアが狭くミスショットが出やすいというデメリットを補う性能を有しています。またソールがすべりやすく、多少手前からのボールヒットでもミスにならず、ラフなどのボールの状態が悪いところでも比較的容易に打つことができます。

実は、ボールの曲がりにくさという点ではロングアイアンの方に分があるといわれています。また打球が低く出ることは、風に強いボールが打てるということでもあります。

アイアンが得意なゴルファーや方向性を特に重視するゴルファーのなかには、2番からのロングアイアンのセッティングにこだわる人もいます。それぞれのクラブのメリットとデメリットを考え、戦略的にクラブセッティングが出来ると、ゴルフの楽しみの幅も広がります。

>>次は、ユーティリティークラブについて>>