前回「初心者ゴルファーのための道具選び その1」では、主にゴルフクラブの種類について紹介しました。今回は、さらに細かいクラブ選びのポイントを挙げていきます。

シャフトの硬さ(フレックス)

 
一見同じように見えるシャフトもそれぞれ特性は異なる
ゴルフクラブは、クラブヘッド、シャフト、グリップの3つのパーツで構成されています。

ボールを打つためのクラブヘッドとプレーヤーが握るグリップを繋ぐ棒状の部分がシャフト。そのシャフトの硬さ(しなり具合)を示す目安がフレックスです。標準的な男性用の硬さをフレックス「R」、やや硬めのシャフトをフレックス「S」と表記します。女性用のフレックスは「L」と表記されます。男性モデルに比べ、軟らかいのが特徴です。

力のあるゴルファーやスイングの速いゴルファーには、硬めのシャフトがマッチします。初心者は「R」で十分ですが、スポーツ経験豊富で体力的に優れた方はスタートから「S」を使用することをオススメします。

フレックス表記の落とし穴

同じ「S」でも硬さの違うものがあるんです!
この「R」「S」という表記は、客観的な基準ではなく、あくまで目安として用いられています。そのため異なるメーカーやモデルで比較すると、「R」シャフトが「S」シャフトより硬いというケースも出てきます。

フルセットを購入すれば問題ないのですが、ウッド、アイアンと買い揃える場合は、シャフトの硬さを揃えるため、同じブランドの同じブランドのものを選択したほうが無難です。別のブランドで揃えたいときは、それらがミスマッチではないか、ショップの店員さんに必ずアドバイスをもらいましょう。

上手なドライバーの選び方は?

ヘッドの大きなドライバーは、ミスをカバーしてくれるため、初心者には最適といえる。
ドライバーを選ぶときに重要なことは、できるだけヘッド体積の大きなものを選ぶことです。ヘッドが大きいクラブはミスの許容範囲が大きく、扱いやすいクラブといえます。初心者にとって、ドライバーは最も難しいクラブ。クラブがミスをカバーしてくれるようなやさしいモデルを選んぶことが、楽しくプレーするコツといえます。

クラブには全て、ロフト角と呼ばれるボールをヒットするフェース面の傾斜角度があります。一般的な男性では、打球の上がりやすいロフト10度以上を選択しましょう。シャフトの長さは、長過ぎるとビギナーには扱いにくくなる傾向があるので、45インチ以下のものを選びましょう。
これらの数値は、ほとんどの場合クラブに記載されています。

キャビティアイアンとは?

キャビティアイアンの一例。スイートエリアが広く、打ちやすい
アイアンは主流となっているキャビティタイプを選びましょう。

キャビティタイプとは、アイアンのヘッド部の背面(ボールを打たない側)を凹状にデザインしたものです。ヘッドの周辺に重量が分散されるためスイートエリアが大きくなり、初心者にありがちな打ち損じのミスを軽減します。

アイアンのシャフト

アイアンセットのシャフトは、金属製のスチールシャフトとカーボン繊維で作られたカーボンシャフトの2種類があります。

スチールシャフトのほうが、カーボンシャフトに比べてはるかに重い場合がほとんどです。重いクラブは初心者にとって扱いにくくなるので、体力に自信のある男性以外は、初心者はカーボンシャフトを選ぶほうが良いでしょう。

>>次のページは、パターの選び方です>>