パターの選び方

人気のマレット型パター。カマボコ型とも呼ばれる
パターには様々な形状があるので、まず自分が気にいった形状を選んでも構いません。
パターの形状には、大まかに分けてL字型、T字型のほかに、カマボコ形状のマレット型などがあります。初心者の方には、打ったボールの直進性が高いとされるマレット型がオススメです。

パターの長さ(レングス)

パター選びの際、最も気になるのが長さ(レングス)。一般的には、背が高い人ほど長いパターを使用する傾向がありますが、構えたときの手の位置から地面までの長さが基準となります。大柄なゴルファーでも、手を伸ばしてパッティングするプレーヤーはシャフト短めが合います。

大多数のゴルファーには、33~34インチのパターが好まれます。女性はやや短めで32~33インチの長さがフィットするゴルファーが多いようです。
実際にパターを手に持って、振りやすい長さを決定します。これは初心者ゴルファーにも簡単に行えるので、実際にお店で試しながらクラブ選びをすると失敗しません。

パターを試打しよう!

マットなどを利用して実際にパターを試すことができる
ほとんどのゴルフショップでは、パターを試打することが可能です。実際に打つことで、そのパターの扱いやすさを知ることができます。長さはもちろん、パター選びで重要なポイントとなる、距離感の出しやすさもチェックする必要があります。

パターマット上で自分の打ちたい距離が出やすいかどうか、いくつかのパターを打ち比べてみることで、それぞれのパターの特徴を知ることができます。初心者ゴルファーであっても、人間はそれぞれ距離の感覚を持っているので、自分の感覚をより生かせるパターを選ぶべきです。

長くゴルフを楽しむために…

ゴルフクラブはゴルファーのレベルを問わず、その人に合った物を使用することがとても重要です。その人の体力や技量が変化していくと、同じクラブを使っていても結果は異なり、上達の妨げになる場合もあります。

ゴルフを始めて間もない頃は、どんなクラブが自分に合っているのか、なかなかわからないものです。しかし、上達するに従い、クラブの違いも判別できるようになります。そして、より自分に合うクラブを変更していくのが普通です。

初めて使ったクラブは、その後のクラブの好みから、場合によってはスイングの傾向まで決定してしまいます。できれば時間をかけて、納得してクラブを選ぶことが、実は長くゴルフを楽しむコツといえると思います。焦らず急がず、じっくりとゴルフショップの店員さんと相談しながら選んでいくと失敗も少なくてすみます。遠慮せず、ドンドン聞いてみましょう。

次回は、クラブ以外のゴルフ用品を紹介します。

<関連記事>
初心者ゴルファーのための道具選び その1

<関連リンク>
ゴルフクラブの選び方
ゴルフ用品の基礎知識

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。