まずゴルフ道具の選び方を知ろう!

まず3種類のゴルフクラブを使い分けましょう!
「仕事付き合いで必要となった」「家族や友達と一緒にプレーしたい」など、ゴルフを始めるきっかけは人それぞれ様々だと思います。

とはいっても、「道具がたくさん必要みたいだけど、何から買えばいかわからない……。そもそもどれくらい費用がかかるのか……」など、実際に始めるには色々と不安な点もあるのではないでしょうか?

ゴルフ雑誌には、レッスン記事や最新クラブ情報ばかりで、初心者向けの記事はほとんどないのが現状です。

そこで「何事もはじめが肝心!」ということで、ゴルフライフのスタートに役立つゴルフ道具の選び方から始めていきます。

クラブの基本は「ウッド」「アイアン」「パター」

ゴルフはボールを打って、カップと呼ばれる穴(ルールではホールと呼ばれています)に入れるまでの打数(スコア)の少なさを競うスポーツです。そこで最初に必要なものは、ボールとそれを打つための道具であるクラブを用意する必要があります。

クラブは14本まで持つことが許されていて、大きく分け「ウッド」「アイアン」「パター」の3種類になります。それぞれに用途が異なり、実際のプレーでは、これらを状況に応じて使い分けます。

飛距離を出すためのクラブであるウッド
■ウッドとは、もともと木で作られていたためにつけられた呼び名です。独特の風合いや打感などの特性をもつパーシモン(柿材)ウッドを愛好するゴルファーも存在しますが、現在はほとんどすべてのウッドクラブが金属製(チタン・ステンレスなど)です。

ウッドクラブには、全長が最も長く、最長飛距離を出すことができる1番ウッド(通称ドライバー。1Wなどと略称される)。それから少しずつ短くなり、FW(フェアウェイウッド)と呼ばれる3番、4番、5番、7番ウッドなどがあります。

アイアンは初心者の練習用に最適なクラブです
■アイアンとはアイアンは、距離を打ち分けるためのクラブです。多くのモデルは3番アイアンからラインナップされており、4番、5番、6番と数字が増えるにしたがって、長さが短くなり打ったときの飛距離も短くなります。9番アイアンよりさらに短いクラブとしてPW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)などのウェッジがあります。ウェッジは近距離を打つためのクラブです。

人気の大型ヘッドパター。ミスヒットに強いのが特徴
■パターとはクラブの中で最も特殊な役割を担います。パターはグリーン(ピン周辺に作られた特に芝が整備された地帯)で使用するためのクラブで、ボールを転がしてカップインするときに使用します。

パターには他のクラブとは比較にならないほどの多くの形状があり、自分のパッティングスタイルや構えやすさや方向性・距離感が出しやすいかなどを基準に選びます。最近は、ミスヒットに強い大型のヘッドのものが人気となっています。

>>次のページは、クラブのセッティングです>>