アイスジグを使ったメソッド

26番
ラパラから発売されているアイスジグは近年注目を集めている万能ルアー。使ってみればその楽しさにハマること間違いなし!
26番
アイスジグは直下を効率よく探ることができるルアー。根掛かりがキツイようなら下のトリプルフックをはずしたりシングルフックに付け替えたりとチューニングも自在だ
氷の張った湖などに穴を空けてそこで釣りができるルアーが「アイスジグ」と呼ばれるもの。日本ではラパラが発売しており、独特の形状をしているので釣具屋さんなどで見かけた人も多いはずだ。

このルアーは非常に個性的なアクションをしてくれ、ロッドの位置はそのままで軽く上下にトゥイッチすることで左右にスケーティングを繰り返すのだ。人間からの見方では逃げ惑うエビといったところ。魚にとっては食性というよりも反射行動を起こしやすいアクションらしく、メバルをはじめあらゆる魚たちが興味津々で寄ってくるところが面白い。ガイドの経験では日中に食い渋るようなシーンで特に効果があって、ほかのアングラーが苦戦する中、アイスジグにだけは連続ヒットということも少なくない。

メバルの場合、表層を攻めることが多くなるのでW2(2cm)、W3(3cm)といった小型のモノが使いやすい。水深の浅い漁港などが中心となるならこの2種類があればほぼ問題ないはずだ。カラーは特に気にしなくて良いがアピール力の高いクローム系やパール系が比較的オススメ。ではまず、このルアーに慣れるためにも足元狙いから始めてみよう。軽く前方へキャストしたら狙いたい層よりやや深めに沈める。リールのベイルを戻したらロッドを上下に動かしながらゆっくり巻き上げるだけでオッケーだ。このときロッドを上げる動作を軽く跳ね上げるように行うとキビキビしたアクションとなる。

 

上の図を見てもらえば分かるようにこのルアーはロッドのティップを頂点とした八の字運動をするのが最大の特長。ロッドの跳ね上げ方と緩める幅によってアイスジグのスケーティングの幅は調整できるのでその日の活性に合わせてやればよい。日中なら深い層から誘い上げるようにして、夜なら表層から徐々に落としていっても構わない。うまくアイスジグを動かしてやると、日中にストラクチャーに隠れているメバルがワラワラと出てくるのでかなりエキサイティングな釣りができる。

 

この釣りのイメージは上の図のようなもの。バイトの出方はハッキリしており、いきなりゴンッとひったくってゆくことがほとんどだ。しかし、必ずそうなるわけでもないので、ここぞと思うポイントにルアーが差し掛かったらロッドの上下動をいったんストップし、ルアーが真下にくるまで自然にフォールさせてやることも大切。完全に止まってしまうとバイトは得られないが、移動スピードが弱まって停止直前に食ってくることが多い。これを応用してキャストして横方向に展開してゆくことも可能。ただし、潮流が早いときなどは意外とリズムを作るのが難しいので若干慣れが必要になる。ガイドも近年注目しているルアーなので、みなさんもぜひチャレンジしてほしい。

次回はガイドがこっそり教えるマル秘テクニックを紹介します。お楽しみに!

<関連記事>
スリリングな海釣りライトゲームに挑戦!
ライトゲームのタックル-その1-
ライトゲームのタックル-その2-
ライトゲームで使うリグ(仕掛け)とは?
ライトゲームの場所選びのコツ-港湾編-
ライトゲームの場所選びのコツ-港湾編2-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編2-
ライトゲームの場所選びのコツ-磯編3-
メバルをルアーで狙う
メバルゲームに使うタックル
ジグヘッドを使いこなす1
ジグヘッドを使いこなす2
ジグヘッドを使いこなす3
メバル釣りのリグ1
メバル釣りのリグ2

<関連リンク>
Salty! まめ辞典
e-angle -釣り専門用語解説-
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。