簡単! 八の字編みだけで作るビーズリング

八の字編みだけで作るビーズリング

八の字編みだけで作るビーズリング

基本的なビーズ編みのテクニック「8の字編み」を活かして、スタイリッシュなストライプ模様のリングを作ります。ビーズの組み合わせ次第でバリエーションは無限に広がりますよ!
※記事中に分からない用語が出てきたときは>ビーズ基本用語集
8の字編みだけで作るストライプリング
材料もレシピもシンプル。お家にあるビーズで今すぐ挑戦!
今回は3種類のビーズを2段編みますが、ビーズの種類や段数は好みで増減してかまいません。いろいろな組み合わせを考えて、自由に楽しんでくださいね。
 

八の字編みだけで作るストライプリング 材料

難易度:★☆☆☆☆
材料費:約100円※ガイド製作時
出来上がり寸法:タテ幅約15mm

【材料】
  • チェコファイアポリッシュ 3mm ブラックダイヤ×アンティークゴールド 3mm……14個※
  • パール ホワイト 3mm……14個※
  • ヘマタイト 3mm……14個
  • シードビーズ 丸小 クリア×グレーラインAB……適量
  • テグス 2号 透明……70cm
※色違いは、「赤」…チェコファイアポリッシュ シャムAB、チェコラウンド シャム、パール ボルドー
「緑」…サザレ グリーンアベンチュリン、チェコファイアポリッシュ ラスターグリーン を使用。

 

八の字編みだけで作るストライプリング 作り方

1:テグスの中央(左図黄色★)にファイアポリッシュ3mmとヘマタイトを通し、図のように交差する。
手順1

手順1


2:図を参照しながら、パール、ファイアポリッシュ、ヘマタイトを通し、8の字編みで編み進む。 こちらの図のように、ヘマタイトからテグスを出す。 8の字編みの方法
手順2

手順2

3:2段目を編む。図の青で記したテグスにヘマタイトとファイアポリッシュ1個ずつ通し、新たなファイアポリッシュ1個で赤のテグスと交差する。 青のテグスで、すでに編んだ1段目のファイアポリッシュをすくう。
手順3

手順3


4:図を参照し、1段目をすくいながら編み進む。
編み進むうちに、ストライプ模様が現れます。ビーズの順番を間違えないように、よく確認しながら通してくださいね。
手順4

手順4


5:赤のテグスにシードビーズ1個通し、すでに編んだ1段目のファイアポリッシュをすくう。 左右のテグスにシードビーズ4個ずつ通し、新たなシードビーズ1個で交差する。 同様に、左右のテグスにシードビーズ3個ずつ通し、新たなシードビーズ1個で交差する。
手順5

手順5


6:同様の編み方を2~3回繰り返したら、左右のテグスにシードビーズ4個ずつ通し、リングの反対側にある、すでに編んだパール、新たなシードビーズ1個、すでに通したファイアポリッシュで交差する。 左右のテグスをすでに編んだビーズに左図のように通し、紫●の位置で2~3回結ぶ。 余ったテグスを近くのビーズに適当に通してから、切る。
手順6

手順6


完成!ゆがみがないかチェックし、完成。
完成!

完成!


レッド 赤一色でまとめたアレンジ。同系色のときは、輝きや透明度の違うビーズを組み合わせるとセンス良くまとまります。
レッド

レッド


グリーン 小さめのサザレを使うと、ナチュラルな風合いに。ファイアポリッシュのラスターグリーンをあわせました。ビーズはあえて2種類に抑え、すっきりと上品に。
グリーン

グリーン


レインボウ シードビーズのカラーバリエを活かして虹色のグラデーションに。ビーズが小さいので、編む段をもう一つ増やして幅を出しています。
レインボウ

レインボウ

同じ大きさ・形のビーズを使えば、ストライプがはっきりと出て、カッチリした印象に。ランダムなビーズを組み合わせると、ナチュラルでボリューム感のある仕上がりになります。

簡単なので次々作ってみたくなりますよ。 気軽に挑戦してみてくださいね! 

【関連記事】

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。