そもそもビーズステッチとは?

ビーズステッチは、糸と針でビーズを編み、形を作る手法です。折り機を使わず、手に針を持って編む「オフルーム(off-room)」という、アメリカで親しまれている技術がベースになっています。

ビーズ同士が密に並び、また比較的小さなビーズを用いるので、繊細で上品な印象に仕上がります。

ペヨーテステッチの特徴

ペヨーテステッチ

ビーズがレンガのように並びます

ペヨーテステッチは、ビーズステッチの中でもベーシックな、ビーズを帯状にまっすぐ編むテクニックです。ビーズは敷き詰めたレンガのように、2分の1個ずつずれて並びます。

シンプルですが、ビーズの色と通す順番を工夫することで様々な模様を表すことができ、初心者でも簡単にオリジナルデザインに挑戦できます。

必要な道具

ビーズステッチ針

左がビーズステッチ用の針です。

……ビーズステッチ専用の針を用います。細くて長く、よくしなるのが特徴です。

普通の針ではビーズの穴に通らなかったり、しなりがないためにうまくビーズをすくえなかったりするので、ぜひ専用の針を使いましょう。

 
ビーズステッチ糸

ビーズステッチの糸は丈夫でしなやか

……ビーズステッチ専用の糸を用います。ほつれやけばが出にくく、また絡まりにくいようにできています。色は複数ありますが、グレーやベージュや淡めのモスグリーンなどがどんなビーズとも馴染みやすいのでおすすめです。

 
ビーズステッチ

左が国産、右がチェコ産

ビーズ
……普段使用しているビーズで構いませんが、メーカーとシリーズは統一しましょう。ビーズステッチはビーズ同士がピッタリとくっついて形を作るので、ビーズが不揃いだと、織り目がきれいに出ません。

 
ビーズステッチ

輸入ビーズの中には形が不揃いなものも

同じ丸小ビーズでも、メーカーやシリーズ、また表面加工によって直径や穴の大きさが微妙に異なることがあります。とくに国産と輸入ではその差が大きいので、注意してくださいね。

 
それでは次のページで、ペヨーテステッチの編み方をご紹介します!