2008年、テクノポップ復興の年

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
MUSIC MAGAZINE 2008年 12月号
MUSIC MAGAZINE 2008年 10月号
2008年ももうすぐ紅白歌合戦とともに終了となりますが、今年はテクノポップ復興の年と言ってもいいでしょう。由緒ある音楽誌『MUSIC MAGAZINE』の10月号にて「Perfume現象」特集がされ、増刷される事態。12月号では、「中田ヤスタカ/capsuleの時代」特集へと続きました。

「テクノ歌謡」ディスクガイド
扶桑社からは、11月30日にPerfumeパーフェクト・ディスコグラフィーを含んだ『「テクノ歌謡」ディスクガイド』が、発売されました。Perfumeによって、テクノポップの裾野は確実に広がり、明らかに異変が起こっています。

今をさかのぼる事、テクノポップ・ブームが興った1979~1980年を彷彿とさせます。ちょうどその頃、YMOは『Solid State Surviver』~『Public Pressure』~『増殖』がリリースされ、人気のピークを迎えます。そして、周辺のテクノポップ・シーンには、YMOファミリー(シーナ&ザ・ロケッツ、サンディー&サンセッツ、スーザン等)、テクノ化した古参ムーンライダーズ、テクノ御三家(P-MODEL、 ヒカシュー、プラスチックス)、フィルムス、ハルメンズ、チャクラ、そしてよりお茶の間に近づいたジューシィ・フルーツ等が現れました。

これを現在の状況に置き換えてみれば、PerfumeはYMO・・・(それは言いすぎだと自分でも思う)。テクノポップの記録を塗り替えた、そして三人という点では、Perfumeですが、中田ヤスタカがYMOの役目を担っていると言ったほうがいいでしょう。また、capsule、コルテモニカ、MEG、鈴木亜美などは中田ファミリー。そして、その周辺のシーンというのも存在しています。当然、ブームに乗っかった人達、以前からの活動の延長線上としてそこへたどり着いた人達、その場限りの企画的なもの、実はいっしょにして欲しくない人達、色々ですけどね。

じゃ、Perfumeと中田ヤスタカ周辺以外はフォロワーだから・・・みたいな論調もありますが、僕はそれでは面白くないと思うんです。そこから、また新しいものが生まれてくる可能性も期待したいんです。元祖フレンチエレクトロとして、同じく基軸的存在と言えるDaft Punkですが、現在、Post Daft Punkと言える人達が活躍しています。Justiceしかり、digitalismしかり・・・KITSUNEやED BANGER等のレーベルのシーンもそうです。個人的には、Cut Copyあたりが推しなんですけど。あ、話が逸れました。

ちょうど、Perfume、capsule、鈴木亜美をレヴューしましたんで、このあたりで、2008年の周辺のシーンを掘ってみましょう。

Perfumeはアイドルかアーティストかという論争を良く見かけますが、僕は本人達の意向も鑑みて、ずばりアイドルだと思います。「アイドル曲というのはこんなもんだろう」という業界の基準を覆した所に、Perfumeの旨みがあるんだと。中田Pが全くアイドルを意識せず曲を提供していると言うつもりはありませんが、従来の枠は破ったと言えましょう。

という訳で、前置きが長くなりましたが、第1回は、Post Perfume的テクノポップ~アイドル編です。

もも色vハピニャス | コスメティックロボット | COSMETICS | Peachy's | Negicco | Buono! | Cutie Pai | amU | MarryDoll | 80_pan | バニラビーンズ | Orginary Venus | Saori@destiny | Aira Mitsuki