声優テクノとは?

共産テクノ、お笑いテクノに続くのは、声優テクノ! まぁそんな呼び方するのは僕くらいですが……。Wikipediaによると、声優とは、映像作品や音声作品に、声の出演をする俳優のことです。声優というとアニメというイメージがありますが、声の出演のみをすれば声優となります。今回、声優テクノとして集めたのは、以下の条件を満たす楽曲です。
  • アニメの声優として活発な活動をする人が歌っている。
  • テクノポップと言える楽曲である。
  • 女性のみとする(筆者の単なる好み)。
現在放映中の『東京タラレバ娘』のレバちゃんの声優は、Perfumeのあ~ちゃんですが、アニメではなく、声優が本業ではないので除外します(笑)。『ご近所物語』や『おジャ魔女どれみ』の声優としても知られる宍戸留美は、テクノアイドルでもありましたが、ポストアイドルとしての声優業なので、これまた外しました。テクノなアニメソングとなると広すぎるので、声優が歌っていないとダメとしました。声優が全て歌手ではないですが、声優が歌手を兼業するのは珍しくありません。1990年以降、声優のアイドル化現象が進み、アイドル声優という名称もあるみたいですが、どちらにせよ主観的な定義となるアイドルか否かについては条件ではありません。

上坂すみれ

cubic futurismo

恋する図形(cubic futurismo)

2016年の邦楽テクノポップ部門で、僕の隠れベストワンは、上坂すみれの「恋する図形 (cubic futurismo)」であります! 拙著『共産テクノ ソ連編』でも上坂すみれのロシアアヴァンギャルドなジャケットは4枚掲載させていただきました。彼女の楽曲はジャンル横断していますが、本作品は、コンセプト、タイトル、サウンド、歌詞、コスチューム、全ての角度から共産テクノのエッセンスが詰め込まれています。上智大学外国語学部ロシア語学科を卒業し、ロシア・ソ連に関しても造詣が深い共産趣味者です。

本曲は彼女にとって最初のテクノポップ曲ではありませんが(後ほど、もう1曲紹介します)、アーバンギャルドのファン(アーバンギャル)であり、戸川純、YMO、平沢進などテクノ界隈も聞いているようですから、必然とも言える路線です。


楽曲提供をしたのは、10年ほど前にインタヴューさせてもらったTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND。この曲は最初「cubic futurismo」というタイトルのみでしたが、上坂が戸川純の「図形の恋」へのオマージュとして、「恋する図形」が加わったのです。このセンス好きです。どうかこの組み合わせで共産テクノの世界を極めてほしいものです。

TECHNOBOYS改めT.P.G.-FUND (All Aboutテクノポップ)

現在、彼女が主人公「吹雪」役の声優を務める映画『劇場版 艦これ』がちょうど上映中であります(劇場公開日:2016年11月26日)。「艦これ」は「艦隊これくしょん」の略で、育成シミュレーションゲームから漫画、アニメへ広がっていたメディアミックスです。次に紹介する声優も「間宮」役で出演しています。