仮タイトルは、「YMOとカバ」(明らかに『YMOのカバ』のマネ)でしたが、ちょっと格調を持たせました。YMOというといろんな所で書き尽くされた感もあるので、行き着いたのが、カヴァーと共に辿るYMOの凄さというテーマです。

結成25周年、散開20周年、再生10周年記念かどうか知りませんが、YMOの全10タイトルのCDがアルファ音源の権利を持つSonyより1月22日に再発! ついでにDVD『Visual YMO: the Best』もリリース! amazon.co.jpでは、イエロー・マジック・オーケストラ 復刻シリーズなんていうページも出来ちゃっています。では、YMOのアルバムを振り返りながら、YMOのカヴァーをご紹介いたします。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

1978年11月25日にリリースされた記念すべきデビュー・アルバム『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』です。当時、衝撃のデビューを飾ったという記憶はありません。音楽雑誌にアルバムが紹介されていたのを覚えていますが、小さく扱われていました。でも、これが日本のテクノポップの幕開けなんです。テクノ革命は静かに始まる。

01. Computer Game - Theme From The Circus -
02. Firecracker
03. Simoon
04. Cosmic Surfin'
05. Computer Game - Theme From The Invader -
06. Yellow Magic(Tong Poo~東風)
07. 中国女(La Femme Chinoise)
08. Bridge Over Troubled Music
09. Mad Pierrot
10. Acrobat


では、いきなりジャケのカヴァーから。Yセツ男、助教授、ホチョノエロオミの3人からなるYセツ王のデビュー・アルバム『ERO MAGIC ORCHESTRA』(2000年)です。トラックはもちろんですが、オリジナルのアール・デコ調ジャケの風格は残しながらも、細部にわたってこだわりの再現とエロな工夫が盛り込まれています。裏ジャケ、CD面、ライナーそして帯に至るまで。カヴァー曲も10曲中6曲は、ファースト・アルバムより。第4のYMO、松武秀樹もシンセ・ノイズで参加しています。YMOもライヴでカヴァーしたピンク・レディーの『ウォンティッド』のカヴァーやスペルマン・ショーのギャグも楽しめるよ。

こちらは、日本盤発売後にアメリカ向けにロサンジェルスのA&Mスタジオでミックスし直されたアルバム『YELLOW MAGIC ORCHESTRA』です。日本では、1979年7月25日にリリースされ、オリコン最高順位は20位。やはり、より東洋のミステリアスなイメージを強調するためかジャケも差し替えられた。日本盤のラスト曲『Acrobat』は、割愛される。それって、芸がない。違う曲を入れてくれたら、嬉しかった。

もう一つ、ジャケ・カヴァーを。OMYことOriental Magnetic Yellowのファースト・アルバム『ORIENTAL MAGNETIC YELLOW』(1996年)です。カヴァーではなく、OMYというYMOのクローンによるYMOのアルバムをコンセプトにしたオリジナル曲です。パロディーとも言います。曲もタイトルも微妙にずれているのがくすぐったい。ジャケと同じく、ファースト・アルバムそして『Solid State Survivor』からの拝借が中心です。ライナーには桑原茂一の「スネークマンショーとジョイントアルバムを作りませんか。」とのコメントもあります。でも、まだ実現していません。COMPACT OMYの記事ではリーダーのHARUOMI HOSONOEこと細江慎治さんにインタヴューをしていますので、読んでみてください。