盛り上がりに欠けるWindows Vista


Vista
5年ぶりの新Windowsということで、期待されて発売されたVistaではあるが……
大フィーバーとなったWindows 95から12年。コンシューマ用のWindowsとしては、Windows 98、Windows Me、Windows XPに続くOSとなったわけですが、今ひとつ盛り上がりに欠けているような気がします。Windows XP登場から5年ぶりの新OSなので、パソコン業界からはかなりの期待が集まっていたようですが、ユーザー側はもう少し冷静といったところでしょうか……。

個人的な感覚でもそうですが、Windows XPで特に不満もなく、アプリケーションもいろいろあるので、特に新OSが欲しいという気にならない、というのが実情ではないでしょうか?

もっとも新製品パソコンは、すでにVistaしか選択肢がないため、数年経てば必然的にVistaが世の中の中心にはなるのでしょうが、即みんながXPからVistaへ乗り換えるという感じではなさそうです。そのことは、現在投票中のあなたの一票「これからDAW用に使うならどのOS?」の数値からも読み取れます。


高いスペックのマシンはユーザーが求めるものなの?


Vista
派手ではあるが、非常に高スペックなマシン環境を要求するVistaのユーザーインターフェイス、Aero
ライターという仕事をしている関係上、ガイドである私、藤本はいち早くVistaを入手し、インストールしていますが、疑問に感じることは多々あります。

たとえばVistaの高機能性。Aeroというユーザーインターフェイスの登場により、3Dでかっこよく、キレイに表示されたり、セキュリティー機能が強化されたり、バックアップ機能が強力になるなど、いろいろなメリットがあることは確かですが、それに伴ってより高性能なハードウェアスペックが求められるのも事実です。

CPUは事実上Core2Duoなどの新世代のものでないとまともに動作しないし、メモリも1GBさらには2GB程度ないと快適な動作はしません。また、Aeroを使うには、かなり高速なグラフィック性能が必要で、グラフィックカードを追加することを基本としているような設計です。

こうした点を見ると、Microsoftがハードメーカーと結託して、さまざまな機材を買うように仕向けているだけなように感じてしまうのは私だけでしょうか……。