V-Drum TD-3KW-S
Rolandのエレクトリックドラム、V-Drum TD-3KW-S
ドラム入力に、エレドラを使ってみてはいかがですか?打ち込みのリズムとは明らかに異なる、人間味のあるリズムを作り出すことができます。今回は私が先日購入したRolandのV-Drumを例に紹介しましょう。


ドラムパートははどのようにして入力する?


SONARやCubase、Logic、live……といったDAWを使った音楽制作手順はいろいろありますが、みなさんはリズムパートをどう作っていますか?

グルーブクリップ
グルーブクリップを使ってドラムパートを作成すれば簡単でかっこいいものができあがる。ただし、自由度が低いのが難点だ。
最近多いのはやはりグルーブクリップ=オーディオループを使う方法ではないでしょうか?ACIDで始まり、GarageBandで大ヒットしたこのグルーブクリップを利用する方法は、非常に簡単ながら、データさえ揃っていればいくらでもバリエーションを増やすことができ、しかも質の高いリズムサウンドを得ることができます。

その一方で、リズムだけはMIDIを使っての打ち込みをしている人も少なくないでしょう。グルーブクリップでは、どうしても既定のパターンに縛られてしまいますが、MIDIの打ち込みなら自由にパターンを作れます。以前と異なり外部MIDI音源を使うことなく、ソフトシンセが使えるのでより手軽に扱うことができます。