●終演後・・・。
『桜姫』が終わったとたんに、隣の客が「これで今日はおしまいよね」と連れと帰ってしまった。まだ『三社祭』があったのに・・・。

さて今日も無事終演。そうそう、西側に回って”彼ら”にちょっとご挨拶。
3階西側ロビーには近代から現代までの、鬼籍の人となった名優の顔写真が並んでいる。(個人的趣味ですが、ヨンさまもいいけれど、やっぱり迫力の点でこの並んでおられる方々には全くかなわない。と思う)

劇場を出たら何はなくとも携帯チェック。
帰りは左の築地方向へ。新富町から帰宅しよう。
「YOU」というオムライスのおいしいお店や、中華の「王昧」を通り過ぎ、灼熱の”現実”へと戻る。

幕間にこのあたりのお店でランチするのも手


歌舞伎座周辺のお店情報や、場内食事情報はここもご参考に.




一人観劇デーのときは、いつもたいていこんなペースで移動する。
これが二人やグループとなると、食事のパターンが大きく変わる。
近所にできた新しいカレー屋さんに入ったり、お弁当を場内で予約して座席でいただいたり。
また、筋書きを購入したり、珍しい演目や古い演目の場合、イヤホンガイドを借りたりすることも。

数年前のある楽日に観劇した際、イヤリングを歌舞伎座場内に落とし、芝居がはねた後に気がついてさっそく電話すると「預かっている」との返事。すぐに戻って受付で受取ったら、なんと翌月の公演の舞台稽古が始まっていた。こっそり見学したというラッキーな日もある。

終演後は、楽屋口にファンがたむろすることが多い。海老蔵襲名の月は、人だかりがすごかった。
楽屋口隣にある広いカフェでは週末などに結婚披露パーティが行われることがあり、礼服の人々と終演後の客が交じり、不思議な光景となることがある。

歌舞伎座楽屋口


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。