ある日の観劇写真日記



関係ないですが、アテネオリンピックで日本勢がメダル量産! 
でも歌舞伎座でも熱い芝居が繰り広げられています。
8月納涼歌舞伎は、値段も割安で時間も短く、初めて観るという方にはおすすめ月間! 東京銀座の歌舞伎座へ初めて行くという人のために。ある日の筆者の観劇記を写真で追ってみました。歌舞伎座周辺の雰囲気を、シミュレーションしてみてください。



●いざ歌舞伎座は昼の部へ。まずはお弁当。
7月某日。『桜姫東文章』を楽しみに、昼の部へ。何はなくとも双眼鏡。
愛用の双眼鏡


筆者の使う地下鉄を利用し、銀座1丁目で下車。時間は10時40分。昼の部は11時からだから、ちょっとギリギリであせる。ルイ・ヴィトンのショップを横目に松屋(デパート)に入る。ウイークデーのこの時間帯にこのあたりを歩いているのは、広告マンらしき男性、営業マンらしき中年男性、妙に手ぶらの年配の男性(地元民か)、そして劇場へ向かうらしき中高年女性のグループ。意外に若い女性は少ない。
目指すはいわゆるデパ地下のお弁当。でも本日は余裕がないのでゆっくり選んではいられない。バババッと選んでレジへ。ついでにレジ横の販売機で一番小さなサイズのお茶を別に買う。劇場の飲み物は割高なのだ。

松屋はココ

 

松屋の一階を斜めに抜けてデパート裏へ。ついでにここの一階のトイレは個室の数が多く、荷物も置けて便利。
スタバの角を曲がって早足で歩く。牛さん人形が目印のソフトクリームショップが見えてくる。ココは役者の○蔵さんもご贔屓の店だ。牛乳味の広がるなめらかクリームがおいしい。

昭和通りにぶつかる。はす向かいには高層のマンションが建築中。「ブリリオなんたら」というマンション。比較的小ぶりな間取り中心と聞いたような。
「この辺に住めれば歌舞伎座日参できるよなあ」という考えが頭をよぎる。

松屋を抜けてスタバを左


牛の人形はソフトクリーム屋さんの目印


昭和通りを渡り、右手へ向かう。楽屋口が見えてきた。芝居がはねるとここでは「出待ち」の、役者を待つファンがたむろすることも。晴海通りにぶつかって左手の「プロント」を見ればすぐ歌舞伎座が見えてくる。すでに一幕観席には行列が。
銀座方面からおよそ徒歩7~8分の距離だ。

昭和通りにぶつかって右方向へ


このへんの新築マンションに住めれば歌舞伎座日参も夢じゃない!?